野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 権力を巨大化させたこれから先にやれること

<<   作成日時 : 2005/10/15 23:45   >>

トラックバック 2 / コメント 4

 個人情報保護法が施行された、今年の4月1日。
 私はこの法に対して、良いことなんじゃないのと、特別深く考えずにそんな風に思っていた。
 それまでの日本に、プライバシーに対する配慮の無さを感じていたからかもしれない。

 それに。この法の施行される前には、ヤフーの個人情報が大量に流出する事件も起きた。個人情報を管理する側が、警戒心が足りないことはいいことだと思えなかった。

 良いことなんだろうとしか思っていなかったこの法が、実は国内のジャーナリズムに大きな影響を与えることになるのだとは想像もしていなく、勉強不足のために気付かないでいた。
 世の悪事を暴くこともままならない状態になってしまったのだと。

 解散総選挙中に、この個人情報保護法の施行によって、選挙運動に支障が出たという記事を見た。電話をかけると、「どうしてうちの電話番号を知っているんですか。」となったのだそうだ。
 ここで記事を読んでいて私が驚いてしまったのは、

 同法は、5000件を超す個人情報を有する団体などが、本人の同意なしに第三者に提供することを原則禁止している。ただ、政党など政治団体への提供は例外扱いだ。
(2005年9月7日の時事通信の記事より)

 のところ。政党など政治団体への個人情報の提供は例外扱い!
 何で。何で、政党など政治団体は、例外扱いされるんだ?!

 こんな気持ちの悪いことはない。と私は思った。政治不信の塊となっているというのに、巨大小泉党に、個人情報が無防備に渡るなんて、何て気持ちの悪いことなんだろう。

 個人情報保護法の目的というのは何だったのか。どんな人間が、何をどうしたいという目的があって、決められた法だったというのか。

 5年に1回行われる国勢調査も、回収に当たって散々だったという報道を目にする。当然の結果だろうと思う。
 巨大小泉党が大嫌いな私も、国の調査というだけでも嫌だったし、総務省という文字を見れば麻生大臣の顔が思い浮かび、こんな気持ちの悪い調査など拒否したい、と強く思った。
 結局は提出したけど。知られて困ると思うことは記入しなかったし(苦笑)とはいえ、嘘を書いた訳でもないけれど。
 何にしても、時世を如実に物語る今回の国勢調査の顛末だったんじゃないだろうか。

 個人情報保護法を良いものだろうと私は思い込んでしまったけれど、日本国内はなんだかとてもぎくしゃくし始めてしまった。
 良質のジャーナリズムへの大きな悪影響も出てきてしまった。

 政治不信、社会不信、いろいろなものが怖く思える、そんなぎくしゃく日本になってしまった。そんな気がする。
 選挙で自民党を支持した層には、政治不信はないのだろうか。国勢調査に積極的に協力しただろうか。

 そして、これから審議される共謀罪。
 参議院を通った、障害者自立支援法。
 更に、憲法の問題。

 衆議院で発生した巨大小泉党を前にして、これから国民はどうしていったらいいだろうか。
 私もまだまだ勉強不足だけれど、この時代、自分から情報収集していく努力が必要なのだと思う。
 
 できることをやっていきたい。



ブログランキングへのご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
匿名実名の判断を警察にゆだねてよいのか?
犯罪被害者等基本計画検討会の骨子案がこのほどまとまった。その骨子案のなかで、警察が被害者を匿名で発表することを認める文言が盛り込まれた。 その文言とは以下のとおり。 ...続きを見る
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
2005/10/16 01:32
拒否できない日本−アメリカの日本改造が進んでいる
「拒否できない日本−アメリカの日本改造が進んでいる」関岡英之著(文春新書刊) ...続きを見る
そぞろ日記
2005/10/16 02:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
10月16日(am.01:59)の追加:私がオススメした月刊「テーミス」去年の10月号の中にあった記事中・・<考えない日本人が増えている>・・外国では、毎日毎日、自国の首相や大統領の姿をテレビなどで見せられることはない・・毎日の官邸で「ワンフレーズ」立ち話や『感動した」などというイベントでの挨拶をむやみやたらに電波を使って国民に流すこと自体、それは、すでに大きな意図に組み込まれていることに気付くべきだろう。きちんとした思慮分別のある国民が、総理大臣から本当に聞きたいのはこのようなことではないはずである。こうした状況を助長している1つが「考えない日本人」という現象であろう。・・今日こそ、考えなければいけない時代になったといえるのではなかろうか。・・まったく然りだと思いますね!他にも<マスコミ御用メディア>とか<米軍再編・真の狙いは日本だった>とかお知らせ記事は一杯あるんですが・・(余計なお世話だったらお許しください)
kym
2005/10/16 16:22
・kymさん
こちらにまとめてレスということにしますね。
元々雑誌類のことに全く詳しくないのですが(月刊現代等、見るようになったのも最近)、月刊「テーミス」のこと、教えてくださってありがとうございます。
「保守系って何だ?」の方のコメントに書いてあった、<追求・小泉+飯島〜「邪魔者は消せ」の内幕>というタイトルもものすごくそそられます。
kymさんは、ブログ等やられるお気持ちはないんですか?
自由に書き込める掲示板があったら、書き込みやすいかな。
野良狸
2005/10/17 00:40
お返事有難うございま〜す!オススメの件、歓迎していただけたようで嬉しいです。
現在ブログを持っていない私としては「野良狸の巣」さんのブログがかなり多くの方に読まれているという現状から、「テーミス」という雑誌がこの社会を憂えている多くの方にも読まれたらいいな、という気持ちもあって、もしかしたら野良狸さん、皆さんに紹介してくれることもあるかな〜なんていう期待もちょっぴりあって。(ズルイかな? でも小泉首相ほどでは・・・)
今、世の中全体がとてもおかしくなってきている事を憂えると私も<ブログ>をやった方がいいのかな〜という気持ちもあるのですが。私自身の長いコメントも書きにくいですしね〜。(家族の意向も考えるとちょっと迷ってしまうんですよね)私のインターネットの知識は今まだあちこちのサイトにコメントを入れることだけで精一杯の段階なんですが、ブログのこと、もっと<勉強>してみますね。ありがとうございました。

それにしても毎日毎日<ニュース>で小泉劇場を知らされるのはとっても不愉快です!!
kym
2005/10/17 11:51
・kymさん
うち、多くの方に読まれているという訳でもないですよ。でも、ランキングに参加するようになって、皆さんのご協力あって上位に上がってきてから、お陰様でアクセス数も増えて来ましたけど。
本もいっぱいあるし、なかなか幅広く読むことも難しいですけど。元々本を読まなかった人間で、ようやく本に向かったばかりということもあるし。
ブログは難しいものじゃないと思いますよ。日記風なもので練習してみたらいいかもですね。
どのブログがいいかは、私は教えてあげることができません。ブログ選びに失敗してばかりだし(笑)

小泉劇場、うんざりですね。
多分、あの人(首相)は世の中を騒がせていないと成り立っていかない人なのだと思います。
野良狸
2005/10/17 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
権力を巨大化させたこれから先にやれること 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる