野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカが救われる道って、何なんだろ?

<<   作成日時 : 2005/11/04 00:28   >>

トラックバック 2 / コメント 2

 素朴な疑問なんです。アメリカが救われる道って、何なんだろうと。

 国内の貧富の差が激しいことだとか、肥満が多いことだとか、そして経済状態はというと財政赤字と貿易赤字の双子の赤字で大変な状態なことだとか。

 今、ブッシュ政権の支持率が下がって三十何パーセントだか、っていうのも結構なものがあるけど、それより何より、長い目で見て、アメリカはこの先どうなるのだろう?よその国の心配をしているどころではないのは解っていながら、それでも、アメリカの将来が私には解らない。

 世界における権威を保とうと必死になっていることは、よおく解る。
 でもさ。
 無理がない?

 これが大義だ、っていうのを振りかざしてどこかしらに戦争を仕掛けたとして(または何かしら戦争になるように仕組んだりしたとして)、その戦争で「非民主主義国」とやらをぶっ潰して、独裁者を「極悪人」として裁いて、アメリカは世界の民主主義のために尽くしました、なんてことを、やっていたとして。

 その先のアメリカに、明るい希望があるんだろうか?

 どう考えたって、私には明るい希望があるようには思えない。

 第二次世界大戦の時の日本のように、どうしようもないほどまでに自滅への道を突き進むことにしかならないと私には思えるのだけれども、どうだろう?

 自滅するまで、アメリカは突き進むのだろうか?
 それしか、アメリカという大国は、道がないんだろうか?

 どうにも、アメリカの救われる道が、見えないんですよ。私には。
 日本における幕末の偉人たちのような人が、このままではいけないとアメリカで立ち上がりでもしない限り、アメリカって救われないんじゃないだろうか。

 で、よその国の心配どころではない日本ですけれども。
 だって、コバンザメ状態なんだもの、アメリカが自滅する方向だとしたら、道連れになるのは決まってるじゃないですか。アメリカ次第なところがあるでしょう?小泉政権なら尚のこと。
 
 戦争でどうにかしようとしたところで、アメリカの将来が明るい希望のあるものには、成り得ないと思うんですが。いかがでしょうね?


ブログランキングにご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世界でここだけ?
散歩コースの公園の片隅です。写真(クリックすると大きくなります)左の立て札にこ ...続きを見る
反戦老年委員会
2005/11/04 09:45
君はポール曹長を笑えるか
 一昨日(11/2)、シネカノン有楽町で『ランド・オブ・プレンティ』(監督:ヴィ ...続きを見る
極楽三十路生活賛歌
2005/11/04 14:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカ・ハリウッド映画がなんだか社会派ドラマを表現するようになってきたようです。
哲学について、カテゴリはなんでもいいので、
語り合いませんか?
「世界に見入る」を参照ください。
けいた
2006/05/05 14:50
・けいたさん
ハリウッド映画なのかどうかわかりませんが、昨日のニュース23で紹介されていた「グッドナイト&グッドラック」という、アメリカ・CBSテレビのキャスターを主人公にした映画を、私はとても見たいと思ったところでした。

哲学のことに関して私は無学ですが、自己流哲学もどきはいつも頭の中をぐるぐるしています。
野良狸
2006/05/05 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカが救われる道って、何なんだろ? 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる