野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉は香具師(やし)

<<   作成日時 : 2005/12/04 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 5

 香具師(やし)って言葉をご存知ですか?

 2ちゃんねるも一時期この言葉をよく使っていたようですが、最近はあまり見なくなりましたね。2ちゃんねるでは奴(ヤツ)→ヤシ(ツとシが似てるから?)→香具師(ヤシ)、という流れで香具師=奴という使われ方をしていたようです。最近見ないように思います。

 (余談ですが、「萌え」だって、古い2ちゃん語なんだろうとばっかり思ってたんですけどねえ。「電車男」が世間にブレイクしたついでに、2ちゃん語の新しいものも古いものも一斉にまるで市民権を得たような、そんな日本の風潮を、とっても滑稽に思って見ている私です。)

 最近、「小泉は香具師だ。」というフレーズを何かの文章で見たんですが、全くそうだ、と思ったもんですから。

 香具師の正しい意味はというと、

<縁日など人の集まる所に露店を出し、興行や物売りを業としている人。露天商の場所の割り当てや、世話をする人もいう。てきや。>  〜大辞林 第二版 (三省堂)より〜

 だそうです。
 私はガマの油売りや、南京玉すだれのことだよと、昔先輩に教えてもらったような気がします。(香具師のことを話す機会があって。)

 現代においては、実演販売をしている人たちが香具師に含まれるのだと思います。デパートでよく行われていたり、また秋葉原で行われていたのが有名だったと思いました(最近の秋葉原の事情を知らないので、今はどうか知らないですが)。
 テレビのCMでもありますね。

 要は、言葉巧みに、商品をアピールして、販売に結び付ける人たちですよね。

 話が長くなっているような気がしますが、小泉という人間は香具師なのだと、思いませんか?
 まずはテレビ映りに配慮しています。発言に非常に神経を遣います。そして、やり方が多分巧妙なのです。ハッタリが巧い(うまい)んです。注目されたら困ることを伏せて誤魔化すことが巧いんです。
 
 (ド下手くそな英語をしゃべったりするのはあれは作戦ミスだと思いますが。ハイにでもなっているんでしょうかねあれは。緊張の裏返しだったりして?)
 
 更には、小泉を支える人物たちの巧妙で緻密な、メディア戦略という後ろ楯もあります。

 他の政党が、何の戦略もなく、ただただ普通に正攻法で政治活動を行っていて、敵う相手じゃない。

 共産党が選挙の後しばらくしてから、テレビに映って記者会見に答える時に、バックに自民党の戦略を真似たようなボード(バックの壁になるもの)を置くようになったのを見て、何とも頼りないなあ…という思いで見ていたりします。やっと少し気付いたらしいけど、そんな頼りない真似の仕方じゃ、殆ど意味ないよ。真似じゃない戦略を考えないと。

 話をいろいろと広げてしまいましたが、「小泉=香具師」にすごく共感してしまった、という話をしたかったんでした。

 実演販売はちゃんとした職業だと思います。
 でも、政治家が香具師じゃ大変困り、そろそろ多くの国民に、そういったことに気付いていって欲しい、勘付いていって欲しいと思って止みません。

 しかしながら、「敵」が手強いことは確かです。手抜かりない戦略が延々と続くのだろうと思います。


 
 ※ちなみに、「小泉 香具師」で検索をすると、ゴロゴロゴロっといっぱい出てきます。
 田中康夫さんの「奇っ怪ニッポン」ゲンダイネット2005年8月4日掲載のものだとか。
 リンクは張りませんが、興味ある方は見てみて下さい。

 
ブログランキングに参加しています。ご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもこんばんわ
小泉さんの一族はもともとそういったことを生業にしていましたからね。それが脈々と受け継がれているのかもしれませんね。
ちょっとググってみます。
miyau
URL
2005/12/07 23:21
ええっ本当ですか?
小泉首相のお父さんが鹿児島の加世田の出身で、婿養子であること位は知ってるんですけど。
野良狸
2005/12/08 00:02
コメントが今頃になってしまって申し訳ないのですが・・
ウロ覚えですが、確か、おじいさんが横須賀の港付近で「足入れ業」(港湾関係の人足を手配する?というような)をやっていて、その後
郵政大臣になったけれども、悲願であった<郵政民営化>を果たせずに亡くなってしまったので、おじいさんのことが大好きだった孫の小泉氏が何としてもその悲願を果たしたいとずっと思い続けてきた・・というような話を聞いたことがあります。「郵政民営化のためだったら殺されてもいい!」という叫び声は、もしかしたらそんな心情から出たのではと感じてました。
momiji
2006/01/03 01:12
・momijiさん
小泉首相のおじいさんの話、ありがとうございます。
入れ墨が入っていることが有名だったそうですよね。

「殺されてもいい」発言なのですけど、毎日新聞の岩見隆夫さんのコラムに、実際に言っていたことは大分違うのだということが書かれてました。

リンク張りませんが、11月30日のサンデー時評:「取り返しがつかなくなる、と思う」という文です。以下抜粋します。


《「殺されてもいい」

 と言い切った、というニュースが森さんの口から伝えられて大きく報じられ、かなりの衝撃を与えたことはご承知のとおりだ。

 しかし、実際は違っていて、小泉さんは、

「おれを殺したいやつはいっぱいいるだろう」

 と言ったのだと、森さんが『文藝春秋』十二月号の座談会で明かしている。それに対して、森さんは、

「そんなことは当たり前だよ。おれも総理のときは、どこから弾丸が飛んでくるか分からない、それは覚悟していたよ。一国の運命を担った以上、当たり前のことだ」

 と応じたのだそうだ。》
野良狸
2006/01/07 00:56
マスコミ報道の気持ちの悪さとして


私は、マスコミがなぜ、アメリカのことは報道するのに

 中国のチベット侵略、中国の東トルキスタン弾圧
 中国の人権弾圧、中国共産党の邪悪さなど

 韓国の幼稚園からの反日教育、歴史捏造、竹島不法占拠、不法滞在者問題(韓国人第一位)、不法入国、犯罪、通名問題、著作権問題、など

を報道しないのか、とても不思議です、本当におかしいと思います。


なぜ なのでしょうか?
ももこ
2006/02/07 16:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小泉は香具師(やし) 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる