野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人とクリスマス、その後

<<   作成日時 : 2005/12/18 00:29   >>

トラックバック 1 / コメント 5

 『日本人とクリスマス、及びバレンタインデー』という文章を書いてからその後、ずっと自分の気持ちの中にちょっとしたしこりのようなものができて困っていました。
 街中を、今、クリスマスと無関係に歩けることなんて、まずないですしね。
 あの文章で書いたことは、一応主張したかったことに間違いはないんですけど。

 クリスマスという行事を、私は全面否定したい訳じゃないことも確かなんです。99.99%否定したい訳でもなく。(すいません、99.99%というのは余計でしたが、政治ネタのギャグを言いたくなって書きました。前原代表、ありゃいかんですね。自民との大連合の話。0.01%でも「可能性」はあるってことかと私は思った。)

 クリスマスソングも全部嫌いだ〜、ってこともなく。イルミネーションはやっぱり綺麗だし。
 個々のおうちでクリスマスの飾りつけをすることも、やはりそれは風物詩で、季節のもので、それに対して私は「ケシカラン!」なんて言いたい気持ちは全く無いんです。クリスマスの飾りつけは可愛らしいことだと思う。見て、楽しくなったり和んだりしますね。

 で、前回の記事を書いた後に、ああやばい、何かしこりが残ってる、これをどうにかしないと…と思っていたところ、「週刊金曜日」でタイムリーにこの文章を読んだんです。『これでいいのか(落合 恵子)』。

 クリスマスシーズンが好きだという落合恵子さんのクリスマスへの考え方・・・落合さんはこのように書かれています。《 世界中の、「すべてのそれぞれの、いのち」が穏やかで平和な日々の中に寛げるように祈る日であり、いや、祈るだけでは社会は変わらない。祈ったその内容が実現するために、どんなに小さくとも再びの一歩を踏み出す日でもある、と。》・・・が書いてあって、それを読んで、「よくぞ書いてくれました。」と私は思いました。胸のつかえが大部分取れた思いでした。

 落合さんの考え方に、大賛成。落合さんのように、《祈ったその内容が実現するために、どんなに小さくとも再びの一歩を踏み出す日でもある。》とまで思おうとするとちょっと今の私には気負い過ぎになってしまいそうだけど、それでも、クリスマスという日を「世界の平和を祈る日」として捉えたいと思う。それと日々への感謝の気持ちと。人々の幸せを祈る日に。


 ハレとケってのがあるんですよね。(といっても、ハレとケって言葉を知っている、という程度の知識しかないですけど。) ハレ(晴れ)は「非日常」、ケ(褻)は「日常」のことだそうです。(出典:ウィキペディアより) クリスマスの行事は明らかにハレですし。季節感。風物詩。日々の生活の中でのメリハリになる。

 前向きな考え方をすれば、日本人にとってのクリスマスという行事も、もしかするとそう悪いものでもないのかもしれない…そんなように考えるようになりました。
 


ブログランキングに参加しています。ご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
和魂洋才
 「和魂洋才」又「は和魂漢才」という言葉をご存じでしょうか。 ...続きを見る
子供達の未来
2005/12/23 13:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
”和魂洋才”と言う言葉がありますね、西洋の文化を丸呑みせずに、日本人的に解釈して日本の文化に取り込んでいくという意味だったと思いますが、「クリスマス」も「バレンタインデー」も発祥の地のものとはかけ離れていますが、私はそれでよいと思います。
しかし、企業やマスコミに踊らされすぎですね。

ちょっとコメントしようと思ったら、会員登録が必要なのですね。。
意地になってしまいました(笑)
百式
URL
2005/12/20 23:39
今日の野良狸さんは、肩甲骨のあたりがほぐれていて、そういう野良狸さんもオオカミはいいなと思います。
宗教についてはちょっと置いておいて、みんなが平和とか幸福について一緒に考えたり祈ったりできる日としてのクリスマスっていいですよね。
ちょっと早いけど、よい週末を!
バジル(オオカミ)
URL
2005/12/20 23:59
・百式さん
和魂洋才、と言う言葉、私のボキャブラリーの中にはなかったでした。
企業やマスコミに踊らされずに、気持ち良く過ごせるような考え方を見つけ出せたらいいな、と思います。そういう風潮ができてくるといいですね。
バレンタインはまだ、私は見つけ出せてないです。

ウェブリブログは多少使い勝手が悪いところがあって、コメント(認証)ってのはウェブリブログのIDを持っている人用なんですよね。その隣が普通のコメントが書けるボタンで。(認証)の方、なくていいんですけど、そういう仕様なんです。

・バジル(オオカミ)さん
ありがとうございます。これの前の文章を書いた後、このような考えに到りました。
クリスマス…まあ24日のイブですけど、過ごし方をこれからちょっとまた考える予定です。(といっても大したことじゃないですけど)

バジルさん(オオカミさん)も、どうぞ良い週末をお過ごし下さい!
野良狸
2005/12/21 23:20
「クリスマスの朝、子どもたちがプレゼントを見つけたときの、ぱっと輝く笑顔がたまらなく嬉しくてそれを思い浮かべながら用意するのが楽しみ」というのを聞いて、あ、そうだった!と思いました。クリスマスって夢がある。その夢を信じていた子どもの自分を思い出しました。
子どもがいないので、街のクリスマス商戦やイルミネーションの華やかさをネガティブにとらえていたわたしって、、、結局それに捉われてみごとにハマっていたと反省。あんなこと書いちゃって・・・。
クリスマス、貧しくてプレゼントをもらえない子どもや、それを祝えない人(宗教の違う人)に思い至る日になればよいなぁ・・・。
KIM
2005/12/23 18:57
・KIMさん
多分私がネガティブに書いたから、それにつられたんだと思いますよ。
最初にネガティブに書いた張本人としては責任も感じてしまって、あのままで済ませられない気分になりました。
野良狸
2005/12/23 19:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本人とクリスマス、その後 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる