野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 感情

<<   作成日時 : 2006/02/11 02:06   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 ムカッときた感情に左右される、って大きいですね。
 よく女の方が感情に左右されやすいと言われるけど、実際自分も左右されることを認めるけど、でもだからって男は左右されていないか、といったら、随分左右されているように、私には見えます。

 でまあ、今書きたいのは、自分の感情から今日文章を書いた、という話で。
 「週刊金曜日」の佐高さんの文章に、まただ!と思い、出だしの「田原総一朗が見苦しく騒いでいる。騒いでいるというより、あがいている。」の部分で、私は週刊朝日を読んだけど、あの文章で見苦しく騒いでいるとか、あがいているとは思わなかったから、余計に、ムカッときた、って訳で。

 それ以外の山岡俊介さんやnikaidou.comのことはそれ以前から思っていたこと。産経新聞も。ジャーナリズムって何?と思っていたところだった。山岡さんのところと二階堂さんのところは、結構チェックしに行っていたんだけど(二階堂さんの思想等は気にしないようにして。)、このたび巡回先リストから外してしまいました。

 …で。私の書いた文章はじゃあ立派かという自信あるか、といったら、自信はちょっとないです。勢いで書いてしまった。

 ブログに対して、プロのジャーナリストな訳ではないんだという甘えがあると思う、私には多分。ジャーナリストを気取ったってそもそも可笑しいけれど。

 感情で書いたな、という、ちょっと反省をしてるんです。主張におかしなところもあるかもしれないと(多分ある。)。

 反省はします。矛盾点だとかある場合は。

 ただ、自分の考えを恐れずに主張する姿勢では居続けたいと思ってます。読者が離れようが、そんなことは問題じゃない。支持をされたいんじゃなくて、自分の主張をしたい。
 私はだから、型にあてはまらない田原さんが好きなのだと思う。あの人は人に支持されたくて物を言うことはないと思う。叩かれることを恐れていないと思う。

 まあとにかく、感情で書いたという反省です。
 批判は甘んじて受けます。


(最終更新 2006/02/18)

ブログランキングに参加しています。ご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感です。僕も田原さんの仕事振りを大変評価しているひとりです。それにしても佐高はひどいですね。誰も彼もをただ批判して飯を食ってるって感じで、僕も「アホか、こいつ」といつも思っていますよ。
BOO
2006/02/11 14:06
・ BOOさん
佐高さん、批判している内容に説得力があって、やっていることが的を射ていたら私は頷いて聞くだろうと思うんですが、今回はあんまりだ(出版した本のタイトルと中身がつりあってないことなど)、と思ったので、思い余って先の文章は書きました。
野良狸
2006/02/12 00:37
追加=ラストですが。田原さんの評価は佐高氏とは関係ないのですがね。
たとえばライブドアと闇とがつながることは、早くから指摘されていたわけです。ネット上でなら、「ホリエモンの錬金術」とか。立花隆も、昨年の春の時点で、闇社会とのつながりを書いていますね。(これらはご存知?)この程度のことを、あの田原が知らなかったとでも?その上で彼は堀江を持ち上げ、小泉を礼賛して恥じなかった、ということでね。そして選挙。
サンプロ、朝生での小泉擁護は目に余り、ネットでは伝説的。で、果てしなく呆れたわけで。
まあ、堀江礼賛についての責任くらいは取らないと。堀江を持ち上げて田原の威光を与え、結果、一般のライブドアへの投資を煽り、巨大な損害を与えた。この一事だけでも、小泉ともども万死に値するでしょう。詐欺。犯罪です。そして電通とズブズブ。
心の構造としては<田原≒堀江≒小泉>です。だからこそ、田原は堀江の提灯持ちであり、小泉の提灯持ち。これ、普通の解析では?・・・
無邪気すぎる野良狸さんは、田原氏非難に憤るより、小泉礼賛派に回るべきですね。
同じ穴の「ムジナ」かも?あっと、狢(ムジナ)=狸。(笑)
ΨΨ~
2006/02/14 00:56
・ ΨΨ~さん
田原さんの是非を主張したかったつもりはなかったんですが。
どうしても、田原は批判されるべきという話に持っていかれて困ってますが。
私には私の環境やら事情があって、という説明書きは一応してあるつもりです。
ご理解いただけないのならそれは結構です。
野良狸
2006/02/14 01:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
感情 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる