アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ


「シチズンフォー スノーデンの暴露」を見ました

2016/06/23 20:52

少し疲れていたので上映中眠ってしまわないか心配だったけど、がっつり起きて見ていた。スノーデン事件がどういうものか、基礎的な知識を取り入れて見に行ったのが良かったかもしれない。すんなり映画のストーリーに入っていけた。

スノーデンがNSAから奪った情報…世界のあらゆる人々がNSAなどの監視下にあるという…を、どういう形でジャーナリストに受け渡し、それを受け取ったジャーナリストがどのように公開したかという、リアルなドキュメンタリー。
電話の盗聴、インターネット通信などの傍受、そんなの陰謀論だ、と漠然と思っていることが全くの真実で現実だということが突きつけられる。犯罪者や犯罪予備軍、または重要人物でも何でもない、ありとあらゆる人々が対象だ。対象外はいない。映画では日本がどうだとは語られないのでピンと来ないかもしれないけど、アメリカ国内がそうで、アメリカ以外はもっと酷いと語っていた。

私にとって印象的だったのは、人物の人格を注目しすぎると、物事の焦点がぼやける、そのことが心配だ、とスノーデンが自分をメディアで公表する時に述べていたこと。問題にしたいことは、人物の人格とは別のこと。世界中の人々に、自分たちの私生活が監視され、それら膨大なデータが蓄積されていることや、いつ何時このデータが意図的に利用されるかわからないということ、このことを問題視して欲しい。これがスノーデンの暴露の目的だと思う。監視されていることを知っても驚きもせず、人々がそれを難なく受け入れてしまうことを恐れている。

人格を重視するな、そう主張されても、映画ではスノーデンの人格がとても表れている。人格見ちゃうよなと思いながら見ていた。とても大人なのだ。人格者で理屈が通っている。いわば哲学的でもあると思った。

スノーデンの人を見る目は確かだった。受け取ったジャーナリストは大胆に公表した、英ガーディアン紙で。そして米メディアCNNがそれを報道した。

映画を見て、私はまず気付いた。監視されていることを知っても仕方が無いとさっさと諦めてしまい、問題視しようとしない自分に。
これだけのプライバシーの侵害は犯罪だ。そんなことをする権利は誰にもないんだ。
私たちは人間としての尊厳を踏み躙られている。

先日、スノーデンがインターネットでのインタビューを受けたことを日本のマスコミも大きく報じた。とても良いことだったと思う。

これも先日だけど、可決された刑事訴訟法に関する改正案で、警察の盗聴の権利の拡大が日本では決まったことも知って欲しい。ヘイトスピーチ法と同時に可決された。この法案で日本の警察は誰の立会いも必要とせず、何の制限もなく、全ての人々の通信を傍受する権利を得た。

記事へトラックバック 0 / コメント 2


映画「出口のない海」を観ました (ドラマ「僕たちの戦争」の話も混じります)

2006/10/14 16:26
 映画「出口のない海」を観ました。…といっても一週間ちょっと前にですが。主題歌だった竹内まりやの「返信」という歌がスーパーでかかっていたのを聞いてすぐ思い出して、そうだあの映画のことを書いておこうと思いました。

 NHKのドラマ「クライマーズ・ハイ」の原作者、横山秀夫さんの原作であることから観たかったのでした。私は横山さんの本自体はまだ一冊も読んでないのですが、横山さんの本って大変に面白いそうですね。

 さて映画「出口のない海」の感想。とても良い映画でした。大人の映画だなぁと思った。大人向けという意味じゃなくて、奇をてらったようなところがなくて、落ち着いた内容なので。戦争ものだから、泣き虫の私はボロ泣きするだろうかと観る前は不安でしたが(ボロ泣きは後が大変、多少みっともないし、疲れるし)、それほどに大泣きしてしまうことはなくて(それでも泣いてますけど)、助かりました。

 その前にTBSのドラマ「僕たちの戦争」を観たものだから、同じく人間魚雷「回天」を扱ったものだから、どうしても比較をしてしまったりしたのだけど。それにしても何でこのドラマと映画のヒロイン役が、同じ子(上野樹里)になってしまったんだか、私はちょっと理解に苦しみます。ただでさえ内容・シーンなどかぶるものが多いので、思い出して較べてしまったりするのに、何故役者が思い切りかぶるの〜。勘弁して欲しいと思いました。

 そういえばキャスティングがこの映画は、私には不満なところが少々ありました。これから観に行く人に悪いと思うのであまり細かく書きませんが。

 細かい話はするのをやめますが、観終わった後の気分が悪くない映画でした。
 
 だけど、ドラマの「僕たちの戦争」の方ですが、あれ、映画であっても良かったのになと思ってます。私はあのドラマ、相当に気に入ったのです。


【余談】
 「僕たちの戦争」では浅利陽介という以前観たドラマで良かった人が観られて良かったのだけど、「出口のない海」でも、似たようなポジションで出ていた柏原収史という人が、これもまた以前ドラマで観て好きだった人なんですけど、出ていたので嬉しかったです。以前観て良かったと思った役者さんって、結構忘れずに覚え続けるものですね。たった一度観ただけでも。
記事へトラックバック 2 / コメント 2


トップへ | みんなの「映画」ブログ

野良狸の巣 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる