テーマ:政治

「シチズンフォー スノーデンの暴露」を見ました

少し疲れていたので上映中眠ってしまわないか心配だったけど、がっつり起きて見ていた。スノーデン事件がどういうものか、基礎的な知識を取り入れて見に行ったのが良かったかもしれない。すんなり映画のストーリーに入っていけた。 スノーデンがNSAから奪った情報…世界のあらゆる人々がNSAなどの監視下にあるという…を、どういう形でジャーナリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戦争責任者の問題

戦争責任者の問題 伊丹万作  最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。それがいつどのような形で発表されたのか、くわしいことはまだ聞いていないが、それを見た人たちが私のところに来て、あれはほんとうに君の意見かときくようになつた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主体性のない世論

私たち一般市民、国民の世論はマスコミ報道次第と私は思う。 マスコミが何かを(誰かを)悪と責めれば悪だと思い、責めなければその程度の罪なんだろうと受け取る。マスコミの判断を鵜呑みにする。 何がどう悪いのか受け手はよく分からなくても、マスコミが一斉に批判報道を続ければ余程悪いことが行われたのだろう、けしからぬことだと受け取る。 “マス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015夏の国会前デモに対して

(末尾に音声版あります。) 国会前のデモ。 これに初参加する前に、私は早稲田で行われた、田原牧さん白井聡さんの講演、対談を聞きに行った。6/19(金)。 そもそもデモに参加しようという思いを抱いたのは、津田大介さんが参加したのを見てからだった。その津田さんは恐らくだけど、小林節さんが参加したのを見てなのだろうと思う。こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口蹄疫問題の報道について

 宮崎の口蹄疫問題が全国的に知られるようになりました。  私は宮崎に親、親戚が住んでいるので、電話で現地がどういう状況なのか聞いていて、聞きかじり程度に知識があります。  口蹄疫は牛、豚に感染をして、人間には感染しません。  しかし、人間が移動をすることで、牛、豚に病原菌を他所から運んでしまう恐れがあります。それ故に宮崎県では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

普天間問題、見抜く側、だまされる側

 日本の大概のマスメディアがきちんと書かない、きちんと伝えない、普天間問題の本質。アメリカ、日本両政府の本音。  ただ、日本政府とは言っても、今や民主党政権と官僚たちの二つに分かれてしまっているから、この二つの食い違いが生じている。  これらのこと、本質を読み取ろうとする心構えが今とても重要な時代だと思います。テレビニュースがト…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

またアルカイダアルカイダ言い出したか

 タイトルにしたことは、お正月明けごろに思っていたことでした。また言い出し始めたなぁと。  で、今も何かちょろちょろとそういったニュースソースを見かけるなぁと。  アルカイダが存在しないと、テロが存在しないと、アメリカのネオコンさんたち、おまんまの食い上げな訳でしょうか。  マイケル・グリーンさんとか、あと誰だっけ?ジャパンハ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

何が、「小沢独裁」だよ

 良く言うよ。笑わせるんじゃねえよ。  小泉の時にどれだけ独裁になっていた党の議員が言う言葉だよ。  郵政解散総選挙後にバッサバッサと除籍処分にしたんじゃありませんでしたか、郵政に反対した議員に対して。  そのくせ、参議院だけは人数が足らないもんで除籍にしなくて。  なんつうか、どこのチンピラの集団なんだろうなぁという党にしか見…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

小沢一郎を知る

 検察(か何か)が小沢潰しに必死になって、マスコミを操って大騒ぎの今日この頃。私自身は小沢さんの著書を読んだこともなく、小沢さんとはどういう人なのか、どういう考えの人なのか、とてもあいまいにしか知らないでいましたが、ここ最近になって読んだ文章にて、こういう人だったのか、とやっと理解できるようになって来ました。その文章を紹介しようと思って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

普天間移設問題、誰が何を目論んでいるのか?

 超絶気まぐれ更新のこのブログなのに、何でか連続して更新が続いています。続いたり、またプツッと更新しなくなったりするかもしれないですけど、本当に筋金入りの気まぐれな性格なのでお許し下さい。  私は何と一生懸命戦っているのだろうか?という感じで、何だか気持ち的に戦っているんです。落ち着かなくて。  真相は何なのだ。真相はどこに…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

マスコミの垂れ流しリーク情報を疑おう

 小沢VS検察のバトルは今後どういう過程を辿っていくのか、大変気がかりです。  ところで、新年早々から小沢関連の報道が、新聞でトップで扱われたり、ニュースで流れたりしていて、私はたまたまつけていたテレビから東京地検がどうこう、小沢がどうこうというニュースが流れてくるのを聞いて、頭に来ていたのですが、これらの報道によってまたもや民主党支…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。  …何だか、こんなに日にちが経ってのご挨拶ですみません。  写真は初詣で家族と行って来た、佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社です。  日本三大稲荷の一つなんだそうです。  三大稲荷って他はどこかというと、一つが京都伏見稲荷、あともう一つが愛知県豊川稲荷なんだそうです。(私は全然知識はないの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

普天間基地移設問題とスピン(情報操作)

 普天間基地移設問題が話題になっているので、私も何かしらの主張をしたいと思ってペンを取りました、じゃなくてパソコンのキーボードを打ち始めました。  田中宇さんのメルマガを取っているのですが、11月15日に届いていた内容がすごく興味深いもので、ただ読破はできずに伸ばし伸ばしにしていたのですが、ようやく今日読み終わりました。 日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鳩山政権発足おめでとうございます

 鳩山政権発足、おめでとうございます。  入閣した方々がひな壇に並ぶ姿を見て、味わったことがない感慨深い思いがしました。細川政権の時に何を思ったとか全く覚えていないもので…。  ああ何と新鮮なんでしょうか。浮かれることなく、謙虚にその場にたたずんでいる、どなたも。でも堂々として晴れ晴れとした表情ですね。  選挙結果は残念だったとこ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

踏み止まった社民・共産

 2009年の衆議院選挙が終わりましたね。私はまず、社民、共産の議席が非常に心配だった選挙でした。議席、ちゃんと取れるだろうかと。民主がちゃんと勝つことも勿論望んでいたし、蓋を開けてみるまではいろいろと不安でしたが、自民壊滅状態の選挙速報に時にはざまみろと思いながら、そして最後の最後まで、社民、共産の議席を気にしました。  最終結果が…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

斜め上行く改憲論 2

 長くなってしまった、ここまで(「斜め上行く改憲論 1」)が前置きです。  本題。斜め上行く改憲論、と題しましたのは、護憲一辺倒にしがみつくのもどうかなと私は思っていて、勿論9条を断固守るという意思表明、運動は大事なことだと思うんですが、私自身はそれに乗っかる衝動が起きない。9条をー!と叫ぶシュプレヒコールを上げるには、何かが馴染まな…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

斜め上行く改憲論 1

 政権交代で結構なんですが、憲法の問題はどうなるんだろうという疑問は拭えない。社民党は恐らく、共闘を武器に、引き換えにして、改憲は許さないぞという姿勢で向かうのだろうけど、次の選挙の後、改憲の動きは否が応にも高まるだろうと思う。民主党は護憲党じゃない。改憲の党だ。自民民主で改憲へと動き出すだろう。  ただ。以前程怪しく思えないのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ過剰反応

 いやいやいやいや。新型インフルエンザの話題全盛期ですか?  いやいやいやいや。私、インフルエンザ怖くないです。  まあ今は関東に及んでいないという話だからというのもあるかもしれないけれど、例えこれで関東でも感染者発見!って始まっても、動じないでいたいものだと思っています。  怯えるよりも、普段から抵抗力をつけておきたいです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自分さえ良ければいい社会

 中川(酒)氏が結局、辞任した。もうちょっと引きずるかと思っていた、これまでのパターンなら。安倍氏が首相だった頃と似た風景だなぁ、と今日思っていた。  中川(酒)氏と言えば私にとっては安倍氏とセットでNHK番組改変問題に関わる人物という存在。ヤクザのような話し方で記者と接するらしいという人物。  そんな人物の終焉がこんな形でやってく…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

もしや兵糧攻め?解散総選挙

 本当は解散総選挙をすぐにするための自民党総裁選のお芝居だったのに、麻生さんになって蓋を開けたらあまりの支持率の低さに、これは解散できないと、そのために、今は未曾有の経済危機です、政治の空白は許されませんキャンペーンが繰り広げられ、内需拡大が大事ですと麻生さんは言いながらも、テレビは不況だ節約だとしゃべり続け、必要以上にそうしゃべらせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老いて尚働こう

 首相になってから良い事無しの麻生さんですが、かつて発言していたことで私もそう思うと思っていたことが一つあります。  それは、元気な老人は働こうということ(表現はちょっと違うと思いますが)。  どんな意味においても良いことだと思うんです。元気で充分働ける能力がありながら楽隠居するよりも。  やることがあるというのは日々に充…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

内定取り消しは違法

 今日(11/17・月)、保坂のぶとさんの杉並の集会に行って来ました。  その詳しい話も書きたいところですが、それは明日以降にするとして、様々なお話を聞いていた中で、ふーんと思ったことがあったので、今日は取りあえず書いておこうと。(今書かないとそのまま書かないかもしれない)  どこかの子どもさん…内定をもらっていた学生さんが、内…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

対症療法は景気に効果があるだろうか

 アメリカの大統領選がやっと終わりました。  何せ前回の大統領選が、いつまでたっても訳が分からずぐずぐずしていた挙げ句、最終的に決まったのがブッシュだったらば、アメリカは911は起こるわ、テロとの戦いを標榜として戦争おっぱじめるわ、何せ、テロテロ言って五月蝿い国になってろくなことがなかったので、アメリカという国に何の信用もしなくなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盗撮行為に思うこと

 女と男では、盗撮に対する気持ちが大分違うだろうと思う。ともかく、女性が被害者になる。どの女性にしろ、その危険性から逃れられない今の世の中です。  私は女であるので、盗撮の被害に合う可能性はある。そしてそのことに対して普段どのように考えているかを、書いてみます。  まず、家の外のトイレに、完全に安心しきって入ることはないです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費者庁が必要な理由が分からない

 消費者庁が必要なのだとしたら。  これまでの他の省庁は、一体誰のための省庁なのですか?  消費者のためのことを考えることのない省庁なのですか?  のだなんとか議員が頑張ってますけど、消費者庁が必要な理由が、私には全然分かりません!  プンプン。  
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宮崎の道路事情、それと政界再編の件

 私は宮崎県民でしたので(人生の2/5位ですが)、宮崎の道路の不便さは大体把握しているつもりです。  まず、本当に陸の孤島です。例えば隣県である大分、熊本からのルートが不便です。南側の鹿児島からは高速が繋がっています、但し県南まで。県北へは繋がりません。  県内においては、まず県北ー県南の移動がとても不便なのです。県庁所在地である県…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ズルは得か?

 道路特定財源の話題を聞いていて。  結局、政権与党の政治家、官僚、関係者、真っ黒けのけだなあと、改めて思う次第です。そんなことは日本においては小学生だってそう思っているだろうけれど。  ところで。ズルをして得をするものだろうか?  私は結局は得をしないと思っているんです。  宗教的な言い方かもしれないけど、徳を積むことで人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

建築基準法改正(改悪?)による大不況

 ぱったりと更新していませんでしたが、マイペースに生きています。その間、東京都民から埼玉県民になりました。住環境を良くしたくて引っ越しをしました。  尚、未だにネット回線は引いていません。ので、普段ネットで情報収集をしてはいないので(携帯端末で多少は見る)、ブログで何がどう話題になっているか等は把握できていませんが、テレビのニュースを…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

生きててなんぼ

 とっても入力しづらい携帯端末からの投稿です。思いついて、書きたいと思ったので。  私の父は長いこと病院に入院していましたが昨年他界しました。父が亡くなったことによって私は、人間の生死について、それ以前の時にはあまり思わなかったこと、考えなかったことなど、いろいろ思ったり考えたりするようになりました。  今ここで長々とお話ししよ…
トラックバック:11
コメント:3

続きを読むread more

読売新聞政治部記者・石井誠さんの怪死

 読売新聞政治部記者の石井誠さん36歳が、口に靴下を詰め込まれ、その上から粘着テープを張られ、後ろ手に手錠をされた状態で死亡しているのが発見された。  着衣に乱れがないこと、室内が荒らされていないこと、外部から侵入された形跡がないことなどから、警察は事件ではなく事故である可能性が高い、と判断している、という報道内容が圧倒的に多いようで…
トラックバック:12
コメント:1

続きを読むread more