テーマ:テレビ

インフルエンザワクチンは安全なのか?! 

 ニュース(報道ステーション)を見ていたら、ああ今日もインフルエンザの話題が来たな、ああワクチンの話題だなと思って聞いていたら、国内生産で間に合わないから輸入する方向だと以前報道されていたそのワクチンが、集団接種という形を取れば輸入せずに済むことが分かった…とかいう内容(正しくは他のソースを当たって下さい。)だった。  集団接種! …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

もしや兵糧攻め?解散総選挙

 本当は解散総選挙をすぐにするための自民党総裁選のお芝居だったのに、麻生さんになって蓋を開けたらあまりの支持率の低さに、これは解散できないと、そのために、今は未曾有の経済危機です、政治の空白は許されませんキャンペーンが繰り広げられ、内需拡大が大事ですと麻生さんは言いながらも、テレビは不況だ節約だとしゃべり続け、必要以上にそうしゃべらせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「出口のない海」を観ました (ドラマ「僕たちの戦争」の話も混じります)

 映画「出口のない海」を観ました。…といっても一週間ちょっと前にですが。主題歌だった竹内まりやの「返信」という歌がスーパーでかかっていたのを聞いてすぐ思い出して、そうだあの映画のことを書いておこうと思いました。  NHKのドラマ「クライマーズ・ハイ」の原作者、横山秀夫さんの原作であることから観たかったのでした。私は横山さんの本自体…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

小泉は会社の社長だったら可だった人

 フジテレビの小泉の番組を、無理やり見ています。大層気分が悪く、吐き気をもよおすのに、とりあえず見るかと無理して見ています。フジでしょう?こんなのプロパガンダに決まっているじゃないですか。吐き気をもよおすというのは、腹の底から嫌いでしょうがない人物たちを見るからです。…だったら見なきゃあいいのにね。(相当な馬鹿なんでしょう。)  黙っ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ドラマ「クライマーズ・ハイ」再放送、前編9月30日(土)・後編10月7日(土)

≪「クライマーズ・ハイ」再放送決定! 前編は2006年9月30日(土)、後編は10月7日(土)です。各日とも21時から放送予定です。 ※仙台局のみ、9月30日(土)は22時から放送となります。≫ http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_high.html  すっげい良かったドラマなので、見ていな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHK番組改変問題は未だ正しく検証されない

 9月2日(土)にNHK教育テレビ・ETV特集「祖父の戦場を知る」という番組を見ました。とても良い番組でした。いろいろ考えさせられました。語り継いでいかなければいけないことだ、ということや、それや…何だったろう。  私はこの番組を、ものすごく重苦しい気持ちで見ていました。それは、戦争を考えることの重苦しさと、右傾化しているこの国の風潮…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

マスコミはヒステリックにならないでください

(タイトル変えました。「マスコミはヒステリックになるべきではない」という表現はどうも自分に合わないと思ったので。 2006/08/26)  今日うっかり寝坊して、サンデープロジェクトを15分見逃しました。(以前はテレビ朝日が見れない環境でしたが、今は見れるようになっています。)  大慌てで見始めて、言っていることにちょっと仰天。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

15日前夜のテレビ番組の感想

 NHKスペシャル「日中は歴史にどう向き合えばいいのか」を見ていました。  中国の学者さん、中国現代国際研究院・楊伯江さんの発言内容を聞いていて、理論的で理路整然としていて、若くて感じはいいし、いいなあと思って見ていました。真っ直ぐに相手を見つめるんですよね。そして誠実に答える。  そこへ言って、こう言っては申し訳ないけど、大阪大学…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

小泉靖国参拝は騒がれないと成り立たない

 靖国参拝に関係するニュース、また小泉首相の語ったことがさんざんニュースになります。  なんの、騒いで欲しいのは小泉首相本人。みんなが騒がずに淡々としていたら困るはずです。反対の声は小泉首相へのエール、エネルギーに変わるはず。  マスコミは目を覚ませだのなんだの。全て猿芝居でございましょう?ねえ総理大臣。  小泉純一郎ショーは小泉…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

米CIAの対日工作

 今週はちょっとバタバタしていたので、ニュースをいつもよりも追えていなかったんですが、ふと気付くと、私が地元紙の20日朝刊一面で見て驚いた、CIAの対日工作のニュースがあまり話題に上っていないような気がするのは、気のせいでしょうか。それとも、その程度のニュースなのでしょうか。  実家で取っている地元紙から思わず記事を切り抜いて帰り…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

内閣府「経済財政諮問会議」、「規制改革・民間開放推進会議」というもの

 経済財政諮問会議。小泉改革と言うものの原動力になった会議だそうですよね。  私はこの会議に対する認識が、未だしっかりしていません。大体、名前だってちゃんと把握していなくて、漢字すら読み方が分かっていなくて、「シモン会議だっけ、サモン会議だっけ。」と迷っていた位。政治に関心を持ち、これだけ政治に関する話題(一応)をブログに書いてきてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワールド・カップを見て考えたこと(2)

 多分、以前に岡田さんが監督だったときのことだと思うんですが、マスコミのインタビューに対して、「結果を出す。」といった言葉の使い方をしていたと思います。要は、「試合において、勝つという結果を出さないと意味がない。」というニュアンスの言葉だったのだと思うんですが、その後この表現はスポーツにおいて実によく使われるようになって行きました。ニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールド・カップを見て考えたこと(1)

 スポーツ一般にとんと興味がなく、また、流行りものにはまずしらけるというのが私の大体のスタンスなんですが、今回のワールド・カップ、比較的熱心に見てみました。  スポーツ観戦が面白いと思ったことってあまりなかったんですが、今回、ちょっと面白かった。サッカーと言えば、私は小学校高学年の頃に体育の授業や放課後にやっていた記憶があるんです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

とても良かった「その時歴史が動いた」『これは正義の戦いか ~ジャーナリストたちのベトナム戦争~』

 ジャーナリズム、マスメディアの必要性を、今日の「その時歴史が動いた」『これは正義の戦いか ~ジャーナリストたちのベトナム戦争~』を見ていて、とても感じた。そして、政治の圧力と戦ったベトナム戦争時のアメリカのジャーナリズムに、素直に感動した。  こういう良い番組を、これからも続けていって欲しいです。  そして、良いジャーナリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“得票率47・8%、議席獲得率73%” 昨年の総選挙騒動と小選挙区制

 昨日(5/22、月曜日)のニュース23には田原総一朗さんが出演してましたね。マンデープラスの部分での出演だとばっかり思っていた私は、番組が始まるところをぼうっと見ていたら、初っ端から田原さんが席に座っていたことにびっくり。  それや、特集の部分で飯島勲氏がバッチリ出て来た時にもまたびっくり。思わず、「うわっ。」と声を発してしまいまし…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

昨年のタミフル騒動とラムズフェルド氏

 テレビで最近ラムズフェルド氏をよく見かける。  今日はこの話題をやっていた。毎日インタラクティブから情報を載せます。 《「なぜあなたはうそをついたのか」「戦争犯罪者」-。米南部アトランタで4日講演したラムズフェルド国防長官が、イラク戦争の開戦責任を問うやじや、米中央情報局(CIA)元職員らの厳しい質問を浴び、防戦一方に追い込まれた…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ホリエモンをそこまで大物扱いするなよ

 まったく、あっちもこっちも、テレビをつければ、ホリエモン釈放をまだかまだかと待っちゃってねえ。  NHKなんかも酷いもんだ。このところ特に思うけれど、NHKはもう、ほんとに腐っちゃったのかもなあ~、ととても残念に思ってます。  私、NHKが好きでした。もう、過去形でしか言えない。  もう、ろくろく信頼できない。  共謀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊藤元国土庁長官の政倫審(02/23)の覚え書き

 今日23日の衆議院政治倫理審査会で、自民党の伊藤公介元国土庁長官に対する審査が行われました。  民主党は新たな疑惑を引き出し、伊藤氏の証人喚問につなげたい考えですが、自民党は政倫審開催によって疑惑の幕引きを図ることを狙っているそうです。(情報:毎日新聞 2006年2月21日 22時18分などより)  今日の事柄のどこがポイント…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

やっと「オフレコ!」2号を入手しました

 田原総一朗責任編集「オフレコ!」2号、発売日は先週の水曜日、15日でしたが、わたくし野良狸は一週間も経った今日、ようやく手にしました。(泣)  まず最初に、この本の詳しい内容は、こちらのページをどうぞ。  「すべてを疑え!! MAMO's Site<ジャーナリスト坂本衛のサイト>」内 『新雑誌オフレコ!(第2号)』 htt…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

再び「スピン」という言葉の話

 (前回の記事) 『「スピン」というジャーナリズム界における言葉』 http://norata.at.webry.info/200602/article_15.html  前回書いたものへの付け足し。  正直なところ、「スピン」という言葉の正しい意味がどれなのか、私もはっきり把握できていないのかもしれません。「SAPIO…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「スピン」というジャーナリズム界における言葉

≪ここ数年、アメリカのジャーナリズム界では「Spin」という言葉が盛んに使われ、論議の的になっている。(中略)ジャーナリズムのSpinとは、ある記者がある独特の言葉、表現を使って報道すると、それらを他の記者、メディアが使い出し、くるくると回転し出し、止まらなくなることを意味する。 Spinがデマゴーグに基づくものであった場合、最悪の結果…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

ライブドア問題は現段階で簡単に語れることだとは思わない

 ニュース23のマンデープラスの部分を見ていますが。  「人柄」と「罪」の問題がごっちゃ?  「道徳」と「罪」の問題がごっちゃ?  「ホリエモン」=「悪」という短絡な図式…  わー駄目だ私。  筑紫さんや佐高さんの目が、視線が、思考路線が、受け入れられないかもだ。  なんか、左翼的なものって感じがして…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

あなたはそれでも小泉首相を支持しますか (1)

(改題しました。2006/02/04)  今でこそ完全なアンチ小泉(これ以上嫌えるか、という程に嫌い)の私だけれども、かつてはしっかりと、小泉首相を支持していた。  (と言っても自民党を支持した訳ではなかったつもりだけれど。自民党にわざわざ票を入れたことは無いはずなんだけど。)  何せ、森前首相の後、ということがかなり…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

男と女

 金曜夜の「朝まで生テレビ」と今日(日付変わって昨日)の「サンデー・プロジェクト」を見ました。(注:私が今いる環境ではこれらの番組が普段見られません。ケーブルテレビを引くか、スカパーに入れば見られるんだけど、それをしていないだけなのですけども。で、今回はそれを何とかして見ました。)  で、感想等を文章にしようと、今せっせと書いては…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日下雄一さん(「朝まで生テレビ」プロデューサー)が今月5日に亡くなりました

 政治に関心を持つ今の私があるのは、これしか答えがない、と言ってもいい位に、田原総一朗さん司会の「朝まで生テレビ」という番組を見ていたことにあります。私は田原総一朗さんのファンでもあります。  「朝まで生テレビ」の87年の開始時から関わり、同番組のプロデューサーを約18年間務めていた日下雄一(くさか・ゆういち)さんが、今月の5日に…
トラックバック:3
コメント:12

続きを読むread more

日曜討論、バックの映像が邪魔!です。

 今、日曜討論を見ていたんですけど。  ずーっとずーっと前から思っていて、やっぱり、と思うのですが、バックの映像が邪魔!です。  なんで、いちいち小泉のアップの映像が必要なんでしょうか?  討論するのに、こんな映像が必要なんでしょうか?  ないと、討論できないんですか?  どんな効果があるんですか?    邪魔で不愉快なだ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ニュース番組を見ながら

 さて、引っ越したと言いながら、記事も書かずにいてすみませんでした。  書きたいことはいろいろあるんですけど、テレビ見る前に、今ちょこっと走り書き。  チョークが体に悪いなんて私は知りませんでしたよ。なんでも、チョーク食べる人だっている、って聞いたことがありますよ。  この、チョークを食べる人がいる、というのは、氷をや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more