テーマ:思想・哲学

戦争責任者の問題

戦争責任者の問題 伊丹万作  最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。それがいつどのような形で発表されたのか、くわしいことはまだ聞いていないが、それを見た人たちが私のところに来て、あれはほんとうに君の意見かときくようになつた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015夏の国会前デモに対して

(末尾に音声版あります。) 国会前のデモ。 これに初参加する前に、私は早稲田で行われた、田原牧さん白井聡さんの講演、対談を聞きに行った。6/19(金)。 そもそもデモに参加しようという思いを抱いたのは、津田大介さんが参加したのを見てからだった。その津田さんは恐らくだけど、小林節さんが参加したのを見てなのだろうと思う。こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山政権発足おめでとうございます

 鳩山政権発足、おめでとうございます。  入閣した方々がひな壇に並ぶ姿を見て、味わったことがない感慨深い思いがしました。細川政権の時に何を思ったとか全く覚えていないもので…。  ああ何と新鮮なんでしょうか。浮かれることなく、謙虚にその場にたたずんでいる、どなたも。でも堂々として晴れ晴れとした表情ですね。  選挙結果は残念だったとこ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

斜め上行く改憲論 2

 長くなってしまった、ここまで(「斜め上行く改憲論 1」)が前置きです。  本題。斜め上行く改憲論、と題しましたのは、護憲一辺倒にしがみつくのもどうかなと私は思っていて、勿論9条を断固守るという意思表明、運動は大事なことだと思うんですが、私自身はそれに乗っかる衝動が起きない。9条をー!と叫ぶシュプレヒコールを上げるには、何かが馴染まな…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

斜め上行く改憲論 1

 政権交代で結構なんですが、憲法の問題はどうなるんだろうという疑問は拭えない。社民党は恐らく、共闘を武器に、引き換えにして、改憲は許さないぞという姿勢で向かうのだろうけど、次の選挙の後、改憲の動きは否が応にも高まるだろうと思う。民主党は護憲党じゃない。改憲の党だ。自民民主で改憲へと動き出すだろう。  ただ。以前程怪しく思えないのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は精神の生き物だから

 現代の人間が置かれている生活環境というのは、実は生きにくくて当たり前の環境なのではないだろうかと考えます。私自身が生きにくくて生きにくくて困っています。でもみんなもそうだろうと思う。  不況だとか貧困だとか最近はよく使われるけれど、それでも日本は豊かな国です。だけど、それは歪んだ豊かさだと思う。発展途上国の低賃金労働に支えられた、激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実直に生きること、幸せであること

 椎名林檎ちゃんの作る歌の歌詞には、ズバリ哲学が満ち満ちています。生きるということに対する思いが満ち満ちています。林檎ちゃんは言わばすんばらしい哲学者です。(すんばらしい音楽家であるのは勿論のこと)  こんなことを椎名林檎に対して言う人が他にいるのかどうかまだ調べてないので分かりませんけど、私はそう思っています。  あまりに素晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ過剰反応

 いやいやいやいや。新型インフルエンザの話題全盛期ですか?  いやいやいやいや。私、インフルエンザ怖くないです。  まあ今は関東に及んでいないという話だからというのもあるかもしれないけれど、例えこれで関東でも感染者発見!って始まっても、動じないでいたいものだと思っています。  怯えるよりも、普段から抵抗力をつけておきたいです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自分さえ良ければいい社会

 中川(酒)氏が結局、辞任した。もうちょっと引きずるかと思っていた、これまでのパターンなら。安倍氏が首相だった頃と似た風景だなぁ、と今日思っていた。  中川(酒)氏と言えば私にとっては安倍氏とセットでNHK番組改変問題に関わる人物という存在。ヤクザのような話し方で記者と接するらしいという人物。  そんな人物の終焉がこんな形でやってく…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

老いて尚働こう

 首相になってから良い事無しの麻生さんですが、かつて発言していたことで私もそう思うと思っていたことが一つあります。  それは、元気な老人は働こうということ(表現はちょっと違うと思いますが)。  どんな意味においても良いことだと思うんです。元気で充分働ける能力がありながら楽隠居するよりも。  やることがあるというのは日々に充…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盗撮行為に思うこと

 女と男では、盗撮に対する気持ちが大分違うだろうと思う。ともかく、女性が被害者になる。どの女性にしろ、その危険性から逃れられない今の世の中です。  私は女であるので、盗撮の被害に合う可能性はある。そしてそのことに対して普段どのように考えているかを、書いてみます。  まず、家の外のトイレに、完全に安心しきって入ることはないです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズルは得か?

 道路特定財源の話題を聞いていて。  結局、政権与党の政治家、官僚、関係者、真っ黒けのけだなあと、改めて思う次第です。そんなことは日本においては小学生だってそう思っているだろうけれど。  ところで。ズルをして得をするものだろうか?  私は結局は得をしないと思っているんです。  宗教的な言い方かもしれないけど、徳を積むことで人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生きててなんぼ

 とっても入力しづらい携帯端末からの投稿です。思いついて、書きたいと思ったので。  私の父は長いこと病院に入院していましたが昨年他界しました。父が亡くなったことによって私は、人間の生死について、それ以前の時にはあまり思わなかったこと、考えなかったことなど、いろいろ思ったり考えたりするようになりました。  今ここで長々とお話ししよ…
トラックバック:11
コメント:3

続きを読むread more

訂正です、お名前を間違っていました。

 以前書きました「哲学が楽しい」中の、哲学者池田さんのお名前を間違って書いておりました。「昌子」さんではなくて、「晶子(あきこ)」さんなんですね。  大変失礼いたしました。書いた後、だいぶしばらくしてからそのことに気づき、訂正しなくては、と思いつつ、こんなに遅くなってしまいました。ようやっと訂正いたしました。  おまけにおまけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哲学が楽しい

 哲学を学んだことはありません。本も読んでません。知識はほとんどありません。  でも、「哲学」らしきことを考えていることはすごく楽しいです。最近の私は政治熱が幾分か冷めてしまい(そんなことではいけないとお叱りを受けるかもしれませんけど)、その代わりに、というわけでもないつもりだけど、哲学のようなことをとてもいっぱい考えています。 …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

ネットのない生活

 相変わらず、ネット回線を引かず、パソコンを全然立ち上げない生活をしています。これはこれでかなり快適だったりします。不便に思う時もまああります。いつになったらネット回線を引くんでしょうかね私は。特別何が何でも早く引きたいのではないようです(他人事のようですけど)。全くネットと縁を切っているわけでもなくて、携帯端末で若干見ていたりもします…
トラックバック:9
コメント:5

続きを読むread more

東京の屋内はえてしてくそ暑い!

 このブログ、正常に運営できるようになるメドは未だたちません。すみません。  そんな中、キレ気味になりながら主張いたしますのは、タイトルにしたことです。暑いです!お店の中とか、地下鉄構内とか。いつも私はお店に入った途端、または地下鉄構内に入った途端、暑くて辛抱できなくなります。たまりかねて上着を脱ぎますが、それでもまだ暑いくらい。 …
トラックバック:17
コメント:3

続きを読むread more

超少子化が進んだらこの国どうなるんでしょう

 超少子化が進んだら、この国どうなるんでしょう。  どうなるんだろうな。この国が衰退するのは案外いいことかもしれないなんてことを思いつつ。  超少子化が進んでも戦争できる国になれますかね?  今の政権与党がしていることは、超少子化社会を加速・継続させることでしかないと思うんですけども。  何かとりあえず書こうと思いつつ、…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

自殺はいけないという観念は置いてけぼりでいいのでしょうか

 子供の自殺という痛ましいニュースが頻発しているみたいです。  私が言いたいことをちょっと簡単に書きたいと思いますけど、いじめという行為がいけないことも勿論事実ですけど、じゃあ、だからといって、ひどいいじめにあって逃げ場がないほどつらかったら、自殺をしても無理はない、とでも言っているかのような、自殺をいけない行為とは主張しないで、肯定…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

小泉は会社の社長だったら可だった人 2

 私が小泉という名の総理大臣に対して、こいつは駄目だと決定的に思ったこと。  それは、イラク戦争が始まり、イラク戦争が一旦はアメリカ勝利で終わったという話になり、その後、自衛隊派遣の問題で日本が大きく揺れていた時に、一人の高校生が自衛隊派遣に反対する署名を集め、それを小泉首相に手紙を添えて届けにいったときの話です。(いつかブログのどこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

数字は全てを表さない 2

 どこを見ても聞いても、世論調査のデータを、ほぼ確たるデータとして取り扱う人たちばかりなようで、私が主張していることはよほどおかしなことなのかな、と少し自信をなくしかけていたところでしたが、森田実さんが、田村秀〔しげる〕(新潟大学大学院助教授)著『データの罠――世論はこうしてつくられる』(集英社新書、2006年9月20日刊)という本の内…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

数字は全てを表さない

 世論調査の数字に対して、いろいろと大騒ぎをすることが多い世の中だと思います。  世論調査の欠点ってあると思うんです。世論調査は、全てを表しては絶対にいない。何か、一部分を表したものに過ぎないと思う。その数字に対しての過信は禁物と思う。  例えばウィキペディアでは“世論調査”のページで次のような記述があります。 ≪恣意的な設問によ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ブログ炎上という言葉は安っぽい

 ブログ炎上、って言葉がよくあちらこちらで踊っているけれど、ブログって燃え上がるものでしょうかね。  コメント欄に、そのブログ主(ぬし)に対して批判的なコメントが殺到することをブログ炎上と呼んでいるらしいですけど。  チラリホラリとコメントが来るくらいなら、ブログ主も返答したりできるけど、それもせいぜい、頑張っても10人くらいま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

人間は平等であるべきなんです!

 お世継ぎ問題?男だけが継承できるのはおかしい?男女平等の精神に反する?  …馬鹿ね!男女平等の前に人間が平等と言うべきでしょう。それを言うのだったら。  皇室崇拝教(勝手につけてみた)の人々よ。  貴方方が大事と思って担ぎ続けるお神輿に、乗せられ続けている人たちの気持ちを考えてみたことはありますか。  お神輿の上で、どんな…
トラックバック:5
コメント:22

続きを読むread more

日野原重明さんの「第二の国歌」の話

 以前私は「君が代じゃない新しい国歌を。」という主張をしましたが(君が代という国歌 2006/07/21)、日野原重明さんが「第二の国歌をつくろう」という主張をされているのを見ました。 「94歳私の証・あるがまま行く」第二の国歌をつくろう  日野原重明 http://www.be.asahi.com/20060826/W25/200…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

数学の勉強と論理の話 2

 ここで突然小泉首相を出してみると、小泉首相は途中の論理がすっ飛んでいても、そんな馬鹿な、っていう根拠でもおかまいなしで、“ゆえに” なんちゃらだ! …と、強引に主張し続けましたよね。凄んだりしながら。踏まえるべきところがすっ飛んでいる、根拠がおかしい、論理的に成り立っていないなど、言っていることが滅茶苦茶なのに、なんと5年の間もその主…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

数学の勉強と論理の話 1

 私は中学校から数学と英語は塾で習っていたんですが、中学の数学って結構難しかったですよね?私は塾の先生に随分厳しく指導してもらって、それで何とか及第点でした。これで塾に通っていなかったら、数学は苦手で嫌いになっていたんじゃないかと思います。  ところで、議論する時など、まとまった主張をする時に肝心な論理というものを、私は数学の勉強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右派の人たちは共産主義者のよう

 このところ思っていること。  北朝鮮や中国などに強硬的な思想を持ち、ガンガン批判をする保守・タカ派、右派(なんと表現すれば一番しっくりくるのかわからない)の人たちの主張って、共産主義者のようなんですよね。  強制されているわけでもないのに、国家万歳(意味としては)、敵は○○だ、そうでないものは反日だ、と。  共産主義者のようだと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人間を見なかった政治

 宮内義彦氏の主張を本で読みました。(「日本よ!日本人よ!」田原総一朗編 小学館、P165、日本経済復活の答えは簡単、実行は難しい)2002年12月に発行された本です。  読んでいて、理論には納得できました。これまでの日本はあまりにあらゆるものが保護されている状態にあって、規制も多く、健全な自由競争が行われていなかった社会構造だっ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

君が代という国歌

 先のサッカー・ワールドカップの試合で、日本の選手が君が代を歌うシーンを私も一度だけ見ていましたが、少なからず考えることがありました。見る人によって考えることは違うだろうと思いますが、私が思ったことは、国歌を変える必要がある、ということでした。  君が代でなければいけないという必然性って、ありますか?  寧ろ、先の戦争の背景にも…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more