野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争で人が死ぬ怖さを、私たちは知らない

<<   作成日時 : 2005/11/06 22:13   >>

トラックバック 5 / コメント 59

 2ちゃんねるで少しばかり書き込みをしていた。相も変わらず、圧倒的に「右」に偏りきっている人たちだらけの場所。
 憲法改正の何が悪い、改正すべきだ、そんなような考えでいる人たち。

 でも、その中で徴兵制の話になった。すると、「右」に偏りきっている連中の書き込みの勢いが音を立てて減る。
 徴兵制はしなくていいよ。何年も訓練したプロでなきゃ意味がないよ。使えないよ。…といった感じの意見。要は「自衛隊」が戦うんだから、自分たちが戦う訳じゃないんだから、だから(戦争できる国になっても)構わない、とでも思っているんだろう。
 日本の国土で戦争になる可能性も、考えないのだろう。イラクやイランでの戦争くらいにしか思わないんだろう。

 自分たちの国の人間が戦死しない。イラクの民間人が亡くなる様をまざまざと見ることもない。遠い遠い国の出来事、それだけ、そんな感覚。

 自分たちの住む町が攻撃される可能性なんて、想像もできない。イラクという、自分たちの住むところから切り離された遠い遠い国での出来事。

 日本にとって戦争は遠い遠い過去のことなんかじゃない。私の父も母も戦争を体験している。母方の祖父は中国で戦死している。
 全然遠い過去のことじゃないはずなのに。


 母と時々話すのだけど、母は戦争とか平和とか、そういうことにかなり神経が鈍い。自分のお父さんが戦死しているのに。選挙前にもいろいろと話したりしたのだけど、「憲法が」というようなことを私が熱く話しても、そうなったら(戦争になったら)そうなった時、と、嫌になる位淡々としている。
 そんな母は、かの小泉首相と同い年の上、誕生日もものすごく近い。
 昭和17年生まれ。
 
 三つ子の魂百まで、って言葉があるけれど、この年代生まれの人って、何か特別なものでもあるんじゃないだろうか、と私は密かに思い続けていたりする。
 因みに小沢一郎も昭和17年生まれ。他に知ってるのは金正日。
 (これを読んで気を悪くした昭和17年生まれの方がいたら、ごめんなさい。)


 話がそれたけれど、そんな母でも戦争の怖さは現実体験として知っている。防空壕に避難したことだとか。

 だけど、戦後生まれの私たちは戦争を現実体験として知らない。戦争で命を落とすという怖さも、現実感を持って感じることができない。
 平和ボケしてしまった状態で、憲法改正だなんだと言っている。
 そして、間接的に戦争に十分関係してきて、決して日本は平和国家なんかじゃなかったことを考えてみることもない。

 戦争の怖さを現実体験として知らないで来られたことは、ある意味においては幸せだったことのようでいて、ここまで感性が鈍ってしまっていることは不幸せなことのようにも思う。

 戦争を起こさないために、ということを考えない国になってしまったら、私たちは戦争で死ぬ怖さを、どうしようもないところまで行って初めて知る国になるのかもしれない。そんな風に思う。


(追記)
 戦争を起こさないために何が必要なのか。
 私は外交努力だと思うんですよ。

(更に追記)
 「ジャパン・ハンドラーズとアメリカ政治情報」の
 『The Realism Moment  アジア同士を戦わせるという戦略
 こういった文章を是非読んでみてください。
 …と書き加えてみるものの、私には大分難しい文章なのですけども…
 頭の良い人たちはバリバリ読んでいただきたいです。
 そうでない方も勿論。
 

ブログランキングにご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
へっぶしん:憲法9条と自衛権
へっぶしんのニュースや日記です。 日本が自衛権を持ったときに、テロにあったとする。 各地でテロが頻発し、日本人が100万人くらい犠牲になったとする。 テロは北朝鮮が行っていたとする。 しかし、自衛権があってもテロの本拠地を攻めることは出来ない!!! 私は叫ぶ... ...続きを見る
へっぶしんのニュースや日記
2005/11/07 11:09
三崎亜記の「となり町戦争」を読んで
 三崎亜記の「となり町戦争」*を読んだ.戦争や,組織と個人について,すばらしく風刺精神あふれる作品だ.作者が福岡県出身でしかも久留米市在住ということなので,大いに応援したいと思う.  多くの人が論評したこの作品の中心テーマから少し離れて,特に目を引いたくだりを二カ所紹介したい.(末尾にコメント)   (46ページ)  「ねえ香西さん。いったいこの町にとって今回の戦争はビんな意味を持っているんだろうか? 九月に戦争がはじまって、広報の数字を見るだけでももう百人近い戦死者が出ている。そこまでして、... ...続きを見る
ペガサス・ブログ版
2005/11/07 21:29
殺戮の殿堂
11月3日知人に誘われて靖国神社遊就館を2度目の訪問。例大祭と七五三でかなりの人 ...続きを見る
そぞろ日記
2005/11/07 22:02
【米軍再編】 みつぎ物外交と土下座外交、私は前者の方が情けないと思う
現在進められている、米軍再編協議。これは、注意深く見守る必要がある。 座間に移転する陸軍司令部のカバー範囲は、太平洋地域からインド洋・中東地域にまで及び、自衛隊と共通の司令部を設置する方向で協議が進んでいる。 現行憲法の政府解釈では、集団的自衛権の行使は禁止さ ...続きを見る
Pagan(異教徒)の説話
2005/11/08 01:21
美名のもとで
テレビしか観ていない人の忘れているもの、それはイラクで続けられている「テロとの戦 ...続きを見る
そぞろ日記
2005/11/12 00:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(59件)

内 容 ニックネーム/日時
野良狸さん
ボリス・ヴィアンの「脱走兵」というシャンソンを思い出しました。

大統領閣下、お手紙を差し上げます、お時間がある時、たぶん読んでいただけるでしょう
中略
大統領閣下、私は戦争をしたくありません、哀れな人々を殺すために、わたしは生まれてきたのではありません
中略
生まれたときから、私は父が出征し、兄弟たちが出征するのを見ました、そして自分の子供たちが泣くのも見ました

私の母は苦しみぬき、今は墓の中で、爆弾をあざ笑い、蛆虫どもをあざ笑っています

私が捕虜だったとき、私は女房を奪われ、私は魂を奪われ、私のいとしい過去まで奪われました
中略
そして私は人々にこう訴えるでしょう
服従することを拒みなさい、戦争を拒否しなさい、戦場に行っちゃだめだ、出征を拒否しなさいと、

もし血を流さなくてはならないのだったら、ご自分のを流しなさい、あなたはとんだ偽善者だ、大統領閣下

私を追跡させるのでしたら、憲兵におっしゃっておいて下さい、私は武器を持っていないことを、そして撃ち殺しても構わないということを

長くなりました、失礼しました。
のん気大将
2005/11/07 00:23
はじめまして、scopedogといいます。

野良狸さんの言うように、ネットでは「右」な人たちが多いようでなんとも勇ましい意見がありますが、ほとんどが他人を戦争に送り出す立場で書いてますよね。
自らは安全な場所にいて戦争を賛美し他人には愛国心を強調し戦場に赴かせる。それがどんなに卑怯で恥知らずかを自覚してほしいと思います。
そして、自分たちも簡単に被害者になりうることに想像力を働かしてほしいです。かっこいい戦闘機に乗っている自分ではなく空からいきなり降ってきた爆弾で殺される自分、銃を持って勇ましく突撃する自分ではなくライフラインが寸断された街で汚泥と粉塵にまみれながら感染症で死ぬ自分を想像してほしいです。
イラクやアフガン、ニューオーリンズやパキスタンを見れば、そう難しいことではないと思うのですが。
scopedog
2005/11/08 01:25
「外交努力」賛成です。しかし武力を背景にしなければ外交の力は半減してしまうのも、残念ですが現実だと思います。
tu
2005/11/08 01:38
日本は既に外交努力だけではどうにもならない場所に来てしまっていると私は考えています、中韓は武力を増強し、それに対抗する為に日本も武力を増強する、そんなことを続ければ何時かは激突する、それを回避するために外交努力、平和的解決を日本だけが望めば、必ず日本に不利な結果で終わり、その先にあるものは結局のところ日本人の死者です。
Lebend
2005/11/08 11:11
少し長くなりすぎたので失礼ながら二回に分けさせてもらいます。

では、平和的解決が出来たとして何故日本人が死ぬのか?、中韓北は必ず、多額の金の要求と自国民の日本への流民を行ってくるでしょう、そうなれば、日本人の労働者は安い賃金の外国人に比べ必要なくなり失業者が増えます、さらに恐ろしいのは商売の場が牛耳られることです、そうなってしまえば仮に優れた日本人がいたとしても彼らは自国民を優先して採用します、そうなれば更に日本人の失業者は増えるだけです、今はまだ日本政府の援助で失業しても最悪生活保護と言う形で生きていけます、しかし平和的解決の先にこのような事態が起きたときもそうできるでしょうか?他国に金が流れるなか、増える失業者を日本政府が養うことができるでしょうか?貧乏な日本人は飢えて死に、豊かな日本人は犯罪の的となり殺される、そんな時代になるだけです。
時には武器を持って平和を叫び相手と対峙しないといけないときもあります。
Lebend
2005/11/08 11:12
Lebend氏は批判の鉾先を間違っている。
呪文のようで意味のない言葉の「構造改革」とやらを進めたがる現政権にその刃を向けるべきで,持論を叫ぶのはここである必要は無い。
負け組が足を引っ張りあって喜ぶのは誰か良く考えましょう。
だとしたら
2005/11/08 22:46
野良狸さん
>決して日本は平和国家なんかじゃなかった
サヨク系の方に好んで使われるフレーズですが,この60年間に限れば,少なくとも極東アジアでは一番平和な国家でした.

これだけ書いておいて,答えが「外交努力」だけでは説明不十分ですよ.
もう少し詳しく教えて下さい..
@具体的にどういった外交努力をするべきと考えますか?
A努力は実を結ばないこともあります.(ナチスに侵略された欧州,日本に侵略されたアジアは決して戦争を望んでいなかったし,外交努力が足りなかった・・・のではないですよね・)
実際に他国からの侵略を受けた場合,どうすべきでしょうか.無血開城?自衛隊による抗戦?それともスイス式に国民一人一人が兵士として抗戦?
さしみ○
2005/11/08 23:37
「極東アジアで一番平和であった国家」は日本じゃなくて台湾ですね.忘れていました.日本は2番目だ.失礼致しました.
さしみ○
2005/11/08 23:40
さしみ○さん
>>決して日本は平和国家なんかじゃなかった
>サヨク系の方に好んで使われるフレーズですが,この60年間に限れば,少なくとも極東アジアでは一番平和な国家でした.

国内が戦火に巻き込まれなかったと言う意味では、おっしゃるとおりですが、野良狸さんは「間接的に」と断っているので、そういう意味にはとれません。「間接的に」を素直にとれば、朝鮮戦争やベトナム戦争での後方基地としての協力などをさすと思います。
scopedog
2005/11/09 03:12
つづき

>実際に他国からの侵略を受けた場合,どうすべきでしょうか.
戦争が外交の一形態であるとすると、何の前触れもなく突如侵略を受けるというのは考えにくいですね。むしろ、外交関係が不穏になりつつある状況下で、あくまで外交交渉での解決をはかるか、外交交渉をしつつ専守を前提とした戦争準備をするか、ただちに先制攻撃の準備にかかるか、から考えるべきでは。
それに交戦国以外の中立国が自国に好意的かどうかも重要でしょう。日本に侵略された中国なども米英などが好意的であったからこそ多くの支援を得ることができましたし、逆に好意的な中立国を失った日本は、無条件降伏まで戦争をやめられなかったのですから。

全く前提条件なしで、「侵略されました。抵抗しますか、しませんか」と言われれば、大方の人は抵抗する方を選ぶでしょう。あまり意味のない質問かと思います。
scopedog
2005/11/09 03:14
scopedogさん
レスありがとうございます.
詳しく書きます.

中国:チベット侵攻(完全成功).ベトナム侵攻(失敗して撤退).中印紛争(勝利して領土を得た).いずれも先に手を出したのは中国.朝鮮戦争に参戦.後方支援は数知れず.

韓国:朝鮮戦争+国境線での小競り合い.ベトナム戦争に派兵し前線で戦闘し,現地で数々の残虐行為の証言あり.

北朝鮮:朝鮮戦争+国境線での小競り合い.

先制攻撃による侵略を3回もしている中国が突出して凶悪ですが,このへんと比較すれば平和であったという意味で書き込みました.そういう意味にとって頂ければ幸いです.
さしみ○
2005/11/09 13:25
つづき
>大方の人は抵抗する方を選ぶでしょう。
いやいや,そうでもないみたいですよ.
サヨクの人の無血開城論を聞いたことは一度や二度ではありませんから.
「無血開城→被占領状態受諾→同じ人間だから分かり合える」派と,「無血開城→正義の国連軍がやってくるのを待つ」派がいると聞いております.

他国との友好関係が重要というのは同意です.だからこそ,離米しない方が安全だと考えます.日本政府が最優先すべきは世界平和ではなく,日本国民の安全ですから.

Scopedogさんの選択肢だと,日本の場合は「あくまで外交交渉での解決をはかる」という姿勢になりそうですが,その建前の裏でどこまでの軍事的オプションを用意しておくかが問題なのだと思います.(弓矢と槍の室町の世ならともかく,現代では各種兵器の設計・製造・配備,現場での習熟には莫大な時間がかかりますから,不穏な動きがあってから準備していては間に合いませんよ.)

最後に.
野良狸さん,あなたの考える「外交努力」の具体論が聞きたいです.具体論が無ければ,「戦争イヤイヤ」という気分でしかありませんよ.個人のブログですから,気分でも構いませんけど...
さしみ○
2005/11/09 13:30
最後切れました.失礼.
個人のブログですから,気分でも構いませんけど...
さしみ○
2005/11/09 13:32
・のん気大将さん
素敵なシャンソンをありがとうございました。
最後の部分、どんな風に歌うのだろうと聞いてみたいと思いました。

・scopedogさん
・だとしたらさん
援護射撃をありがとうございました、何かちょっと嬉しかった。
(援護射撃って言葉を使うのに、今何だか抵抗を感じましたが、他に代わる言葉が思いつかない)

・さしみ○さん
私は知識も浅く、説得力に欠けることは事実です。
感性を主に武器として主張をしていますが、説得力の無さに悔しい思いをしてますね。
これじゃ、小泉は馬鹿だ馬鹿だと言えないな。
何べん何をしつこく聞いても結構ですけど、これ以上どうやら私からは出てこないみたいですよ。ブログでの主張は続けますけど。それでも良かったらどうぞ。

レス省略させていただいた方ごめんなさいです。
野良狸
2005/11/10 00:00
秋のある日のお話・・・
「たぬき村に武装した人達が押し寄せてきたみたいだよ」
「みんな〜 集まって来いよ〜」
「みんなで野良さんを応援しようよ!」
「そうだ そうだ そうしよう」
「もう何人か応援に来てたたかってくれているよ」
「ほら、村の長老さんもやって来たよ」
長老さんが言いました。
「おうおう。みんな集まっておるな。みんなで力を合わせてがんばっても、時には、国家権力には勝てないこともある。しかしじゃ、村が滅び、たとえみんなの体がなくなってしまったとしても、みんなの心からの勇気ある叫びは、歴史の中で人から人へと語り継がれて永遠に残っていくのじゃ。これは真理なのじゃのう」
みんなはじっと耳をかたむけながら、うなずいていましたとさ。
momiji
2005/11/10 00:50
・のん気大将さん
野良狸さん宛てなのに、お邪魔してすみません。
あの「脱走兵」のシャンソンを、つぶやきながら読んでいたら、とても悲しくなって涙が出て
きてしまいました。
momiji
2005/11/10 01:02
野良狸さん、momijiさん
「脱走兵」はアルジェリア独立戦争当時、反戦色が濃いため発売禁止及び放送禁止になった曲です。今のフランスは、郊外のマグレブ系の若者の失業と人種差別による暴動のため、アルジェリア独立戦争以来の夜間外出禁止令が出された都市もあります。
フランスは外国人労働者が多い国家ですが、社会民主主義的政策で日本より社会保証はしっかりしていると思います。
貧困率がアメリカに次いで先進国中第2位の日本で暴動やスト、デモがないのは不思議なことです。
日本国民に出来ることは、選挙に行くことと、先の衆議院議員選挙で企業の経営陣がハチマキを巻き露骨に選挙運動をするような企業の製品を買わないこと、だけなのでしょうか?

のん気大将
2005/11/10 21:21
はじめまして、野良狸様。
しばらく前から拝見させていただいている、和破波と申します。
さしみ○様のコメントを見てて思うのですが、
やれ軍備増強だ外交オプションの充実だと
勇ましいことを口にする方は、日本の現実から
目を逸らしている様に思えるのですが…
今、日本の何処にそんな金が有るのでしょう?
自民党が票の為に積み上げてきた借金が
もはや760兆円(二千兆越えてるという話も)。
一体、何処に、何十億もするような兵器を
バカスカ増やす余裕があるんでしょうか?
「ショウ・ザ・フラッグ!」と言われれば
「9条あるんで(金)出せません御免なさい」
「応分の負担を!」と言われれば
「すいませんすいませんこの通り大赤字で」
と、外交していくしかないと思うんですけどねえ。
へ?格好悪い?自民党万歳を叫んできた人の
選択の結果でしょう。
駄文失礼しました。
和破波
2005/11/11 04:35
今思うと、わけの分からない文章でしたね、言いたいことをハッキリ言わないとさっぱりなので今回はハッキリ言います。
野良狸さんへ>感性だけで語ってる時点で貴方は2ちゃんねるをどうのこうの言う立場にはないと思います。
戦争、平和に書くなら少なからずこの辺を知ってもらいたい ハルノート 韓国揚陸艦 竹島 対馬 チベット 東シナ海天然ガス 台湾独立宣言 北方領土問題 まぁ、他にもありますが簡単なのはこんなところでしょうか?
それと和破波さん自民党を馬鹿にしてますが、選挙当時自民党以外にどこかまともな政党がありましたか?民主党?イオングループの発展の為に日本の国益を差し出せと?公明党?創価学会の布教の為に日本の国益を差し出せと?共産党?日本をテロ国家にしろと?社民?ただ平和を叫び日本が他国侵略される可能性は0%ですを信じろと?、北朝鮮のミサイルが頭上を飛んで、中国がロシアとが否定こそしてるものの明らかに日本相手を想定した軍事演習をしたり、軍事力を明らかに増大させたり、韓国が竹島を占領したり対馬の日を作ったりと、日本が他国に侵略される可能性十分あると思いますが。
Lebend
2005/11/11 10:39
それと現在の自民党は議員年金など手つかずの分野に手を入れて、十分日本の出費削減をやってると思いますが?功績を褒めず失態突っついて意味があるんですか?借金の中には「外交努力による平和」のために中国韓国北朝鮮に言われるがままに差し出した金も入ってると思うんですがね、まさか「すいませんすいませんこの通り大赤字で」なんて言えば彼らが要求を素直に止めてくれると思ってるんですか?
日本の現状に目をそむけ平和を叫ぶのは結構ですが国が滅びたらそれまでです。
少々辛口になってしまいましたが言いたいことをハッキリ書くとこんな感じです、まだ言いたいことはありますが長くなりすぎるのでその辺は割愛します。
Lebend
2005/11/11 10:41
あぁ、すいません書き忘れです。
植民地主義 ベトナム戦争での韓国軍の実態
私も平和自体には賛成です、日本の為に戦って死んでいった数多くの人が残してくれた一番大きな遺産ですから、ただ戦争の恐怖とか被害を語るのではなく平和を維持するためにはどうしたらいいかとかをもう少し具体的に聞いてみたいです、私が想像してもどうやっても武力しか見えてきませんから、他国に侵略される怖さを、私達は知らない、他人に蹂躙される怖さを、私は知らない。
Lebend
2005/11/11 11:05
今日はかなり寝不足です。何故なら、
昨夜、午前3時にかすかに聞こえるエンジン音で目が覚めかかったのですね、そのうちに、大型輸送機らしい物体が頭上をゴオーンと重たい音を立てて飛んでいったのですね。腹立たしく思いながらも寝なくてはと焦っていたら、3時半にまたゴオーンと重々しい音で飛んで行きました。夜中なのですよ。その後は朝まで悶々としてました。首相公邸は静かでしょうね〜。まっ、ミサイルが落ちて来て死ぬよりははるかにましと思わねば!
原爆を落とされて命を落とした広島や長崎の人達のことを思い出してみればね。中国に勝つためなら仕方ないのですよね。
>他国に侵略される怖さを・・・の文章、こんな事はみんながとうに考えている事。今更という感じです。
これから日本人は戦いに臨むことになるでしょう。私は覚悟しましたよ。次回国会で、国民投票法案、共謀罪法が通過して言論統制が敷かれない今のうちに言いたいことはどんどん言っておこうと。あ〜ぁ むなしい・・・
momiji
2005/11/11 21:33
野良狸さん
>感性を主に武器として
感性というより感情ではないでしょうか?
ちょっとオリジナリティが薄いように見えますから.

もっと辛口に言うと,感性という言葉で思考停止しているような気がします.老婆心ながら申しますと,もう少し自分の頭を使うようにした方がいいと思います.

「右寄りの2ちゃんねらーは愚かである.なぜなら私がそう感じるから.」
「小泉批判を繰り返すブロガーは愚かである.なぜなら私がそう感じるから.」
どっちも説得力ないでしょ.
個人のブログですから,説得力無くても構いませんけど.
さしみ○
2005/11/12 00:02
和破波さん
日本の現実ですか?

日本の軍事費はGDP比でたった1%.公共事業費は6%で先進国最高レベル(日本の他に公共事業比率が3%を超える国を私は知らない).さて削減すべきはどっちでしょうね.

あなたのレスは,「立派な家を建てたけど,ローンは残ってるし,この先維持費はかかるので,鍵をつけるお金はありません」と言っているように聞こえました.

また,金のことだけを言うなら,せっかくお金をかけた自衛隊ですから,活動制限は無い方がコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう.(すべての枷を外すべきとは全く思いませんが.)
さしみ○
2005/11/12 00:04
Lebendさん
日本人は本当に「他国に侵略される怖さ」を知りません.有史以来一度でも,聖書にあるような他国に蹂躙される体験があればまた違うのでしょうけど.

元寇で対馬や九州で虐殺や奴隷狩りがあったことは,残念ながら一地方の悲惨な過去としてしか語られていません.神風云々を伝説化するよりも,こういう話こそきちんと語り継ぐべきでした.

沖縄戦で,米軍を日本軍からのliberatorであるとのプロパガンタが効き過ぎて,侵略されても白旗を挙げて降伏すれば,今までの暮らしが続けられるばかりか,もっと素晴らしい世界に行けると妄想する幸せな人までいるようです.
さしみ○
2005/11/12 00:20
はじめまして、野良狸さん。

「戦争をしない国」だと国際的に認知されることによって、日本国内は今はまだかろうじて平和を保ってますが、「戦争できる日本」が今のままの外交を続けたらと思うと、ホントに怖いです。わが身の安全についてもそうですが、わが身の安全保障のためにまったく関係ない第三者を殺す、その手伝いをすることに対してはさらに激しい嫌悪感を覚えます。

それでもこういうブログを見つけると、違った方向を選ぶ道もまだ残されてるんじゃないかと思えますね。たまにはお礼ぐらい言っておこうと思い、お邪魔しました。

追伸:読みかじり知識の切り貼りじゃない野良狸さんのスタイル、新鮮で私はとても気に入ってます。…共感を覚えますと書き直した方がいいかな。
STEP
2005/11/12 00:42
さしみ○さん

>>感性を主に武器として
>感性というより感情ではないでしょうか?

このエントリでは、「2ちゃんねらーは愚かである」とは言っていないのでは?

ただ、そういう風に言ってるようにはとれます。

・2ちゃんねるには、憲法改正すべきだ、という考えの人たちがいる。
・同じ人が徴兵制には否定的だった。
という野良狸さんの体験から、

・戦争が起きてもかまわない、という人たちは自身が戦争に巻き込まれることを想像できていない。
と判断したように思います(私の主観なので、解釈が違ってたらすみません。)。

この判断からは「(上記の書き込みをする)2ちゃんねらーは愚かである」という意見が暗に読み取れますが、言うほど感情的な論旨展開とは言えないかと。
scopedog
2005/11/12 02:00
あーあ…多分こういう人たちが戦前の日本を
破滅に追いやって戦後はマ元帥に旗振って、
止めにルメイ将軍に勲一等旭日章なんて
授与しちゃったんだろうなあ…
Lebend様へ。
今外務省のサイトで拾ってきたんですが
>2001年度までの援助実績は、有償資金協力は2兆8,293億円、無償資金協力は1,297億円(以上、交換公文ベース)、技術協力1,322億円(国際協力事業団(JICA)経費実績ベース)
有償分はこれからどんどん戻って来るし
(確か、もう戻ってくる方が多くなってた筈)
無償分も貿易額を考えれば上等。
流石は政権与党、いい投資をしたもんです。
で。勤めてる会社の昔は有能だった社長が
情実人事や汚職や経営ミスを繰り返し
会社を破綻に追い込んだら…貴方どうします?
議員年金廃止?OK、そいつで節約できる額は
幾らで、小泉首相が「そんな約束たいしたことじゃない」と
増やした赤字国債は幾ら?
私は廃止反対じゃないけど、
こういう人気取りに引っかかるから
「B層」なんて馬鹿にされるんですよねえ…
鏡に映った「愛国無罪」、気付いてない?
和破波
2005/11/12 02:32
Lebendさん

>日本は既に外交努力だけではどうにもならない場所に来てしまっていると私は考えています

だとすると、日本は直ちに戦争準備に入って何らかの口実を見つけて開戦すべきとお考えでしょうか?
あまりにも悲観的な観測かと思いますが。

>戦争、平和に書くなら少なからずこの辺を知ってもらいたい ハルノート 〜

話題の選び方は置いとくとして、専門家以外は戦争について書くな、と言ってるように読めます。戦争に巻き込まれる可能性のある人は、歴史の知識の有無に関わりなく戦争について語る権利があると思います。

>選挙当時自民党以外にどこかまともな政党がありましたか?

先の衆院選で自民党以外の政党に投票した有権者は比例で4200万人ほどいましたが、全員まともじゃなかったと言いたいのでしょうか?

>功績を褒めず失態突っついて意味があるんですか?
政権政党は実際に権力を握っている分、十分な批判にさらされる必要があると思います。権力の暴走を防ぐ上でも意味があります。国民から監視されていない権力なんて国民にとって危険だと思いませんか?

scopedog
2005/11/12 02:57
和破波さんへとりあえず様付けは止めてください。
資料を探してくださるのはありがたいのですが、できればどこの国かを教えていただきたいです。
>あーあ…多分こうい(略)
戦争起こした人物達は切腹したり、裁かれたりとしたと思うんですが、寧ろ戦争に行かなかった方が作ったのじゃ?マッカーサー元帥も今の日本のあり方にかなり関わってると私は思います、そして戦前の日本は…アメリカの要求を素直に呑飲めばよかったのでしょうか?
Lebend
2005/11/12 03:40
scopedogさんへ。
日本から開戦するのではなく、宣戦布告を受けたときに守るために必要かと、ただ日本以外のアジアの国が中国韓国北朝鮮に侵略されたときに、日本がどういう立場で何をすべきか、そしてそれに何が必要か、特に台湾と中国は緊迫が高まってますしね、日本に味方してくれた人を見捨てる、それは私には出来ません。
>先の衆院選(略)
これに関しては情報ギャップもあります故にどうにも、ただ、私は中国韓国の行為は許せませんし味方するかたもどうかと思います。
宗教もあまり好きではありません、戦争を引き起こす一つの火種です。
発言に対し気を悪くされたなら、申し訳ない。
>政権政党は実際に(略)
軽率でしたね、次からはなるべく言葉に気をつけます。
野良狸さんへ>私の発言のせいでかなりフログが荒れてしまいました、ごめんなさい、ただ自分の発言を途中で投げ出すのも出来ないので、もう少しだけ、続けてしまうかもしれません。
Lebend
2005/11/12 03:43
さしみ○様へ。
新築住宅の値段が鍵の六倍!
素晴らしい物価の所にお住まいですね。
どっちを減らす?決まってんじゃないですか。
両方減らすんですよ。
公共事業が異常に多いのはまさに自民党が
票を得る為に成してきた事。大赤字も、
それを維持して無理を重ねた結果です。
序に言えば、金物屋で買える鍵と違って
軍事費を増やしたからと言って
まともな兵器が出てくる保障もありません。
1867年以降の軍事支出がこれ。http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/zaisei.htm
出来た戦車が…「チハ」。
ま、そこまで惨めな事にはならないでしょうが
前防衛庁長官が三菱の株券保有してたことが
問題にもならんのを見ると…幾ら注ぎ込んでも
何処かに消えちまうんじゃないですかね、開発費。
で、イラク侵攻をどう思われますね?
まさに侵略の苦難の只中、あなた方の嫌いな
勝者の裁きが進行してますけど…ネトウヨの
方々から、抗議の声が全然上がらないのは…
やっぱ、威勢の良い事言いたいだけ?
和破波
2005/11/12 04:25
[今回の選挙は、郵政民営化yesかnoかを問う、国民投票的な選挙なんです」と国民に訴えた首相ですが、大勝した後、小泉チルドレンの会合や記者の前で「今回の選挙は実は<倒閣運動>だったんですよ、これは戦争だったんです」だと!
こんなことを臆面もなく白状した、これほど国民をバカにした話はない。このような首相を一国民として信用することは出来ない。小泉政治には常に怨念が渦巻いて来た。自民党内部の抗争は自民党内で処理すべきが本筋である。それが出来なかったからと国民を巻き込んだのが今回の総選挙。徹底した国民の意識調査を常にしつつ、支持率が落ちかけては上げるような政策(拉致問題も靖国問題も議員年金廃止問題等など)を行っている、誠実さがない政権など信用出来ない。国民に見せる頼もしく見えるあの姿にジギルとハイド氏の顔があることを見抜くべき。信じない人と信じている人との違いがこのような論争にも表れているように見えてならない。
momiji
2005/11/12 13:07
Lebendさん
すいません、明日早いので手短に。
データは中国に対する援助額です。失礼しました。
貿易額は同じく外務省の「地域情報」で簡単に
見られるのでご確認を。どえらい金額ですよ。
日本のODAは基本的に有償援助の比率が高いんです。
「紐付き援助」で捜すと色々出てきますね。
あと、「戦争推進の軍に騙された無辜の民衆」
と言う見方は、多分貴方の嫌う戦後民主主義的な
思想そのものです。戦後に軍の横暴を語る人が
戦争中は神国不滅や八紘一宇を叫んでいた。
この矛盾を考えないと…軍は民衆に支持されていたんですよ。
将校の自決に関しては参考になりそうな映画として
「ヒトラー〜最期の12日間〜」をお勧めしておきます。
ちょっと長くなりそうなのでこれにて失礼。
和破波
2005/11/13 03:34
11/12のコメント中、野良狸さんの11/08のレス

>>感性を主に武器として主張をしていますが

に対して、

>「・・・感性という言葉で思考停止しているような・・」
 「もう少し自分の頭を使うようにした方がいい・・・」

という反論がありました。
その夜のフジTV「たけしの日本教育白書」たけしvs石原慎太郎氏のディスカッション中、
「今の日本の教育に必要なもの」のコーナーで、
石原都知事が次のような発言をしていました。

「人間の感性の価値の大切さが欠けている」
「みんなが画一化されている」

頭の鋭さ(口も鋭いですが)と、スピーディな政策実行で評価されている石原都知事の発言は、ここのブログにも勇気を与えてくれるものでした。



とかがありました。
momiji
2005/11/13 22:08
前述中、「とかがありました。」は余計でしたので、訂正いたします。
momiji
2005/11/13 22:53
やっと今日気が向いたので、少しレス書きます。
(ほんとに少ないんですけど)

・Lebendさん
「中韓は武力を増強し、」(上から四つ目)
そう思っている根拠ってどういうものなんでしょうか?
野良狸
2005/11/13 23:57
・さしみ○さん
私は戦争を起こすことでどこの誰が得をするのかという考え方をするんです。
それや、戦争を起こしたい理由。

日本を中韓北が攻撃したとして、中韓北にどのようなメリットがあるのかが全然想像できないんです。どういう理由で戦争したいのかが。
そうして、戦争をしかけた後にこれらの国がどうなるかということを想像するんです。
そうすると、本当に、メリットがやっぱり何も想像がつかないんですよ。

それや、「無血開城」って言葉を使ってますが、その「無血開城」ってどういう状態だと想像するんでしょうか。日本人が奴隷扱いされるんですか?土地を奪われるんですか?それとも大殺戮?
土地を奪えたところでこんなにも資源のない国の土地に、どんな魅力があるのでしょうか。
大殺戮しちゃったら、した側の国はその後、のうのうとできるのでしょうか?その罪が問われないとでも?

メリットがさっぱり思いつきません。メリットがないところで、憎しみだけで戦争するもんでしょうか?この時代において。
野良狸
2005/11/13 23:57
・のん気大将さん
フランスの暴動関連のニュースでアルジェリア独立戦争以来の夜間外出禁止令…というフレーズを聞くなあ、と思いながら、アルジェリア独立戦争なるものを私は知らなくて、今調べてみて、少し勉強になりました。
「日本で暴動やスト、デモがない」ということ。
日本はまだ本当のどん底に来てないということなのか、と想像しています。日本は、やる気を失っている状態、というような気がしています。元気さえ取り戻せたら、不況ではなくなる、って想像してますけど、実際のところはどうか解りません。
でも、株やら土地やらを転がして儲けることが勝ち組だという風潮が続いたならば、また同じ転落をするだけだろうなと思います。今の株に対する風潮は、日本人の浅はかさを象徴している気がしてしまいます。
野良狸
2005/11/13 23:58
ここまで上から辿ってレスを書きたいところに書いていましたが、ここで根気が尽きました。(早すぎですが)

・和破波さん・STEPさん・scopedogさん・momijiさん・tuさん、
好意的なご意見、またご自分の主張、そしていろいろな情報をありがとうございます。
いろいろと勉強になるなあ、と思っています。
余力がある時、またもしかしたらレスを書くかもしれません。
(性格的に、あまりあてにはならないことをおことわりしておきます。気分次第なものですみません。)
野良狸
2005/11/14 00:01
株の話を書いたついでに書き足したくなりました。
日本において、アメリカがマネーゲームをしているだとか、試験している、っていう情報を最近本か何かで見かけました。どこで見たんだったか今思い出せませんが。

株の話は、最近…この一ヶ月の間くらいのニュース等…でも、株で儲けろ、的な情報がわんさか流されてたな、って思います。
完全に、煽られてる、って思います。
野良狸
2005/11/14 01:11
無血開城で、それとも大殺戮?、ってのはおかしなこと書いたみたいですね私。
野良狸
2005/11/14 02:09
とりあえずは自分の家のドア開きっぱなしで、誰でも入ってきて居座っていいですよって宣言してくれない?無血開城ってそういうことだよね。
それと、上のほうに書いてあったメリットは、占領した土地を自分の拠点にできることですね。日本が影響力を持つ海域の広さってものすごいですからね。
あのさ
2005/11/14 23:37
野良狸様、レス有難うございます。
さしみ○さん、Lebendさんは帰っちゃったんですかね。
もう少しお話できるかと思ったんですが…
まず、戦前の日本みたいに貿易や統治コストの
損得も計算出来ない捨てハンの方はほっといて。
丁度、少し上のブログ「カルトvsオタクのハルマゲドン」で
宗教系ネトウヨの荒らし書き込みに関する
記事が有りますね。
荒らしのIP分析したら何故か特定地域に集中してたとか。
また、「本宮ひろ志先生を支援する勝手連(通常時・ネット右翼問題を考える国民会議)」でも
以前同様の報告がされてますね。今回の
リンク先にも転載されてます。
よろしかったら、ご覧になってみてください。
では、失礼いたします。
和破波
2005/11/15 04:26
久しぶりに見てみたら,ご指名のレスがあったので返答します.

和破波さん
自国開発では開発費がかさむので,イージス艦やF-15を米国から買っているのですよ.対潜哨戒能力の評価が高い国産の護衛艦・潜水艦等,まともな兵器も作っているようです.実戦を経験していないので評価のしようがないのですが.

イラク侵攻に関しては,道義的にも結果的にも愚行であったと考えます.同時に,あの国に本格的に逆らうと恐ろしいことになるとも感じました.残念なことに国際社会に警察はいませんからね.
ただ,日本が非協力的な立場を取れば良かったとは考えません.仮に米国民の大多数がイラク侵攻が誤りであったと考えるようになっても,侵攻当時に米国の立場を支持しなかった国が感謝されることはありません.逆に「苦しいときに裏切った同盟国」という恨みだけが残ることでしょう.
戦争中は後方支援に徹して,戦後復興支援では比較的安全地帯に配備されることで死傷者を出さず,それでいて恩はきっちり売ったのですから,私は評価しています.

日本政府の使命は国際社会で正義を執行することでもなければ,世界を理想郷にすることでもありませんからね.
さしみ○
2005/11/15 18:55
追加
軍事費のGDP比1%というのは,米国の3%超,英仏の2.5%,独の1.5%に比べて低く,諸外国に比べて突出して高い公共事業費と同列に考えるのはナンセンスですよ.

野良狸さん
まず,中国の軍拡に関して.
中国の軍事費は毎年2ケタ成長を続けており,中国政府の発表では299億ドル,米国国防省の年次報告書では「実際は公表の2〜3倍で、最大で900億ドル(GDPの7%)」とされています.これは普通に新聞やTVニュースで扱ってるレベルの情報ですよ.もっと勉強しましょうね.
さしみ○
2005/11/15 18:58
>日本を中韓北が攻撃したとして中韓北にどのようなメリットがあるのか

まず中国に限定して話をします.
メリットは,
限定戦争であれば,東シナ海ガス田の完全独占.島嶼部占領による防衛ラインの前進.
完全征服を狙った戦争であれば,科学技術・工業技術の吸収.太平洋への進出.

現状では海軍力・空軍力で日米連合に勝てないので,侵攻はしないでしょう.
ただし,日本が憲法の条文通りに武装解除され,在日米軍も居なくなった場合には,過去の実績から侵攻してくる可能性があると考えます.
さしみ○
2005/11/15 19:02
無血開城云々は,中国に占領された状態を想像すれば良いのでしょうか?

まず,チベットの現状を勉強された方が良いかと思いますよ.(国内問題だから内政干渉無用,罪に問われることも無いようです.)

あそこまで酷いことにならなくとも,共産主義だから宗教は全面禁止(共産主義的には宗教は阿片だそうですよ).もちろん言論の自由も無いし,ネットの接続も限定的で,得られる情報は中国当局が発表するものだけ.政党は共産党以外解体.個人財産は接収されるかもしれません.

こんなの自分は絶対に嫌ですけど...

連投失礼しました.
さしみ○
2005/11/15 19:04
いろいろとご意見ありがとうございます。
すみません、今日はもう休みます。
野良狸
2005/11/16 01:12
チベットについて興味がありましたら、「ダライ・ラマ その知られざる真実」という本がおすすめです。外国人ジャーナリストが長年にわたって、中国の占領下にあるチベットを取材。自由と独立を求めてデモに訴える「平和主義者」の戦いがよく解ります。
チベット人にとって、軍隊同士が戦わない現状もまた「戦争」なのかもしれません。ネット書店で取り寄せも出来ますのでお薦めします。
のらねこ(便宜上ひらがなで書いてます)
2005/11/16 04:06
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309243150/250-9105443-3172265
↑amazonのアドレスも紹介しておきます。まずは読んでみるのが一番かと思います。
のらねこ
2005/11/16 04:11
かわいそうです
ポピーサン
2006/02/08 09:12
私もポピーサンと同じ意見です。
マモミモー
2006/12/13 10:13
私もポピーサンと同じ意見です。
マモミモー
2006/12/13 10:13
ポピーサンさん、マモミモーさん、
かわいそうって、誰がですか?私(ブログ管理人)のことなのかな。
野良狸
2006/12/15 02:58
アドレス先のチベット人についてじゃないですか?
たぶん
2006/12/19 07:43
戦争で死人が出た。ゆえに、戦争はよくないことだ。
というロジックが正しいなら

仕事で過労死者が出た。ゆえに、仕事はよくないことだ。

というロジックも、あってしかるべき。

しかも、「戦争で死ぬ人」より
交通事故や過労死などの「仕事が原因で死ぬ人」の方が、圧倒的に多い。

また、現実を見ればわかるとおり、戦争は永続しない。必ずどこかで終わる。
しかし、仕事は永続する。人が生きていくために必要となるため。

戦争というのは、「人を殺すこと」が目的ではない。

外交交渉上話し合いが決裂してどうしようもなくなったところで
実力行使という形に切り替わることで戦争になる。外交の最終手段が戦争なんです。

つまり、外交上の目的を達すれば、戦勝国として終了することになるし
逆に言うと、外交上の目的が達せられるまで、戦争は継続しようとすることになる。ただし、途中で精も根も尽き果てたり、外交上目的が変更になることで、途中で戦争が終了することもある。
このときは、外交目的を達することなく戦争が終了するため、敗戦国というかたちとなる。

それだけのことなんですよ?

戦争「だけ」を特別視して、ギャーギャーわめくなんて
そういう恥ずかしいことをすべきじゃないと思うんですよね。
ばしくし
2012/09/23 17:09
ばしくしさん
ばしくしさんは戦争を外交の最終手段だと捉えているけど、私は、武力での交渉はしないようにしようと世界の国々が共通認識として思うようになるといいなぁと思います。
ずっと昔にさかのぼれば、日本の国内で戦争は起きていました。でも、もう国内で戦争は起きません。
世界で戦争が起きないようになったらいいなと思います。

原発の怖さが分からなかったように、戦争の怖さも体験していない人間にはなかなか分からないのではないでしょうか。
少なくとも、私の祖父は中国で戦死し、祖母、父、母は防空壕への避難、空襲に合った経験を持っています。
自分が体験していない分、戦争を体験した人(身内に限らず)の話を聞くことは貴重なことだと思います。
野良狸
2012/09/26 19:55
ことが多い公務員。方について、このブログ経済産業省 http://www.flvasc.com/ ても伝えたいこと」(以下、宇佐美)経済産業省を退職官僚というキャ情報発信を強化す http://www.hyaanh.com/ の反応が変わった http://www.akwatu.net/ それに抵触しに気をつけてね」ラスに作用した辞めろ」かけてくる人 http://www.renewingfaces.com/ 官僚の方の反応は、ってくれた!」やめろ」とは著書の多いですし、そうした激務に耐え文字にしてしまうと http://www.coffeewithus.com/ そうした厳しい労の無理も我慢点ほどあると私単位の研究開規模のお金をで http://www.caellis.com/ 作りなど直接的にの優秀な方と活用して法律にまと交渉においてえることです。ました―国をの業務のありましたね。 http://www.angelnadezhdi.com/ 「なんで俺がこうよ」というしていました。な調整が必要十社以上にのぼ http://www.adtrx-24.org/ 知財活用ルール承認されるまではとなかければな
Pydroseelessy
2014/01/18 02:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争で人が死ぬ怖さを、私たちは知らない 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる