野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 今のメディアの話・メディアの人の話

<<   作成日時 : 2005/12/23 22:49   >>

トラックバック 3 / コメント 2

 「綿井健陽のチクチクPRESS」を見ていて、『「追いかけて殺到、追いかけて自粛」の繰り返し』という、今のメディアに対する内容の話を共感しながら読んでいたんですが、そこのコメント欄を見てみたら、「メディアに籍を置く者です。」という始まりで書かれているコメントがあって、そこにマスコミ側の人の本音が少し垣間見えた気がしたんです。

 コメント欄の、上から8個目と10個目に書かれてる、「映画好き」さんのコメント。両方ともここに転載したいところなのですが、それをしていいかどうかためらわれたので、一部分を抜粋させていただくことにします。

《 メディアスクラムもそうなんですけど、何と言いますか、「価値観の単一化」とでも言いますか、ニュースの取り上げ方が恐ろしく陳腐で表面的になってる気がします。
 ブッシュがイラク戦争の当初の情報の誤りを認めたという大ニュースの翌日に「セグウェイに乗って官邸に通勤する小泉首相」なんて話をテレビでやってるの見てると脱力します。》

 それや、若い記者がプライドを失いつつある、という話だとか、先日NHKでやっていた「クライマーズ・ハイ」というドラマのことに触れていました。
 この「クライマーズ・ハイ」、私も前半だけ見ているのですが(後半はビデオに録画してまだ見てない)、むちゃくちゃいいドラマでした。新聞社の記者の話で、上司に歯向かうところが何度もあるんですが、流れや雰囲気に迫力があって、身震いしてしまう位良かったです。
 
 今メディアに籍を置いている人に、同情をすればいいのかというと、そういうことでもないのだとも思うんですけど。

 今の世の中の様子を見ていると、情報が必要以上にばらまかれて(意図的にか?)、氾濫して、それを一つ一つ追っているうちに何が大事なことなのかわからなくなってしまう、冷静さを失ってしまう、頭が飽和状態になってしまう…そんなことも多いな、という気がしています。今年の選挙報道がまさにそうだったような気がします。
 そういうことに対して、傾向と対策を考えて、何か心掛けが必要だな、と最近思っています。


ブログランキングに参加しています。ご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドラマ「クライマーズ・ハイ」
NHKらしく再放送予定も、DVD化等も不明のようですが、力作でした(私は、いいドラマについては、原作と切り離して考えるべきと思う人間です…業界人の思いあがりかもしれませんが)。 ...続きを見る
資料保管庫・管理人のひとりごと
2005/12/24 21:22
読朝る毎ブロガー同盟に賛同します。
連続更新は4日で中断してしまいました。ぼーっとお茶でも飲んでいようというところでした。今年は寒いですね。関西では、乗用車用スタッドレスタイヤが品薄で、売り切れ在庫なし入荷未定続出のようです。私はタイヤチェーンを何とか入手できました。 さて、読朝る毎ブロガー同盟が発足したようなので、早速、賛同します。  イラク戦争開戦前、「国際社会」は開戦やむなしで固まっている、との報道に、世界も落ちたもんだ、仕方が無い、と思わせられたところに、フランスのドビルパン外相演説が突然TVに写り、なんじゃこりゃ、と思っ... ...続きを見る
半共分子の独り言
2005/12/25 17:31
ヘッドラインニュース生活の恐ろしさ
9日の旅の間、ラジオのヘッドラインニュースぐらいしか聞かなかったということは既に述べた。そして今日、溜まりに溜まった朝日新聞を一通り流し読みしてみた。私はあまり熱心な新聞読みではないとは思っていたのだが、それでも新聞の情報量、そしてテレビの情報量、人と... ...続きを見る
再出発日記
2005/12/27 11:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
たびたびTBをしていただきありがとうございます。
わたしも、毛色が違うとはいえゴシップやスクープを中心とした雑誌の編集部に身をおいていたこともあり、どこよりも早くネタを仕入れたい、いい場所から中継したいという気持ちは分からないでもありませんが、みんなが取材するネタを追いかけてもしょうがないという気持ちもありました。
なぜあれほど群れて同じような内容の報道をしようとするのか、独自性というものが感じられず悲しくなってきてしまいます。

とはいえ、政府批判はよほどの裏が取れているネタを持っていなければできず、記者生命をかけないと難しいような気がします。まあ、それだけ気概と気骨のある記者がいなくなったんでしょうけどね。
みやっち
URL
2005/12/25 18:14
メディアの情報を受け取る側の、情報の聞き取り方のことをメディア・リテラシーというそうですけど、受け手側も成長をしないといけない世の中になっていると思いますけど、メディアも、成長が必要なのではと思います。
さもなければ、このまま陳腐な国・日本が続いていくだけですよね。
(何か偉そうな主張で恐縮ですが。)
野良狸
2005/12/26 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今のメディアの話・メディアの人の話 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる