野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報を判断すること・2

<<   作成日時 : 2005/12/26 23:04   >>

トラックバック 3 / コメント 3

 まず最初に、前回の続きの、24日の出来事を書きます。

-----------------------------------------------------

 用事を済ませたり、街中を歩いたり、少し車を走らせてドライブしたり、そして夜は映画を見ました。「ロード・オブ・ウォー」。重みがあって、ストレートな映画だと思いました。私がこの映画を選んだので、隣の母が、見ていてきつくなかったか気がかりでしたが、終わってからどうだったと聞いてみると、「腹立つねー。」と開口一番に言っていました。違法な武器貿易をしている商人が最後とっ捕まったのに、釈放されたことに対して、らしいです。世の中全てがこうなんだ、という憤りを感じたらしいです。どうやら最初から最後までしっかり見ていたらしいです。

 私はというと。自分の手を汚さない、自分が実際に人を殺しはしない武器商人が主人公のこの映画だった訳ですが、日本という国が、この武器商人と被っているように思えてしまいました。自分の手を汚してはいない。戦争で実際に人を殺してはいない。でも、実際に人を殺している国を、いやと言う程この国は支えているじゃないか。
 クリスマスでにぎわう街が、何かまがい物のように思えました。この繁栄はなんだろう。何の上に築かれたものだろう。

 映画を見てすごく感情が揺さぶられていたので、こんな感じのことを思いました。

-----------------------------------------------------


 ちょっぴり尻切れトンボっぽいですけど、こんなところでご勘弁を。

 で、更に前回書いていた、私の主張したことについてのことなんですけど。

 官邸主導のようなもので情報がばらまかれていると私は疑っています、と書いたんですけど、この思想をこうして表すことは、かなり危険なことでもあると思います。危険というのは、身の上に危険が降りかかる、の危険ではなく、危ない人、変な思想の人になってしまう、という危険です。

 私はこのような思想を持っているけれど、実際には、例えばガードレールの報道がされていた時に、変だ、怪しい、等と思っても、それを外へは表すことはしなかった。なんでかといえば、根拠になるものがなく、あくまでも憶測だからです。自分の中で疑っていた、眉唾だと思っていた。そこで留めていた。

 前回あのようなことを書いたのは、あのように主張をしたかったのですが、ちょっとあかんかったかな、という風に思って、フォローみたいな感じでこうして書いてます。

 で、主張したいことをまとめてみると、流れてくる情報全てに対して、100%正面から受け取らない方がいい、どこか斜にかまえていた方がいい、簡単に釣られない方がいい・・・そういうことを、伝えたかったんです。

 取捨選択、って言葉があるじゃないですか。これです、これ。
 情報の取捨選択。
 釣られないために、惑わされないために、こういう心掛けが必要なのでは、と思っているんです。

 うーんと。これで話はまとまったのだろうか。

 とりあえず、こんなところで。
 また付け足したいことができたら、付け足します。


ブログランキングに参加しています。ご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【政治】報道に関する多少の危惧
一週間が終わった。ホッとすると少し書きたくなる。 ...続きを見る
散策
2005/12/27 06:10
「LORD OF WAR」最大の死の商人はアメリカ合衆国だ
製作開始の声を聞いてからかなり首を長くして待っていた。楽しみにしていた甲斐がある ...続きを見る
そぞろ日記
2005/12/28 02:06
映画「ロード・オブ・ウォー」に見る「蝿の王」へのオマージュ
アンドリュー・ニコルをなぜ好きなのか? おそらく彼が好きなものと私の好きなものが ...続きを見る
そぞろ日記
2005/12/28 02:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 情報を発信する新聞社、TV局、雑誌社全てに言えることですが、結局、部数・視聴率を稼いでなんぼの世界です。
 自由な社会だからこそできることであり、近隣特定アジア諸国には不可能なことですね。
 日頃心がけている事なのですが、様々な情報の中から”本物”を見つける目を養わなければいけないと思います。

 基本的に現在の大手メディアは、中韓朝の特定アジア寄りか、米帝国寄りの2極化されているように感じます。
百式
URL
2005/12/27 00:04
同じような情報のついての危惧を持ちましたのでトラックバックさせていただきました。広く情報を見るのも骨が折れますね。でも必要ですよね。
散策
2005/12/27 06:14
・百式さん
部数・視聴率を稼いでなんぼ、というの、よく解ります。
でも、新聞などのメディアが売り上げばかりを気にして記事を書いたら、そこにはとんでもない結果が待っていると思います。新聞の価値がなくなってしまう。
今の多くのメディアは、私が思うに、権力に屈してるような気がしてます。

百式さんの思想と私の思想は、政治国際面において大分違うようですね。今のメディアに私は特別、特定アジア寄りというのがあるとは思っていません。過去は解りませんが。
今のメディアにあるのは、「特定アジア批判+アメリカ寄り」か、そうでないか、のような気がします。で、どこのメディアも大概、権力(政権与党等)に屈していると思います。

・散策さん
トラックバックの記事、とても共感しました。
野良狸
2005/12/27 20:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
情報を判断すること・2 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる