野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS “得票率47・8%、議席獲得率73%” 昨年の総選挙騒動と小選挙区制

<<   作成日時 : 2006/05/24 00:16   >>

トラックバック 3 / コメント 0

 昨日(5/22、月曜日)のニュース23には田原総一朗さんが出演してましたね。マンデープラスの部分での出演だとばっかり思っていた私は、番組が始まるところをぼうっと見ていたら、初っ端から田原さんが席に座っていたことにびっくり。
 それや、特集の部分で飯島勲氏がバッチリ出て来た時にもまたびっくり。思わず、「うわっ。」と声を発してしまいました。

 「小泉的ニッポン(8) テレビと小泉劇場」と題された特集、とてもよくまとまっていましたね。ただ、世耕議員が広報のメインとして取り上げられていたけど、あの番組でBBDOという広告代理店の話まで触れたら、もっともっと良かっただろうと思うのは私の我がままでしょうか。
 まあ、飯島勲氏をあんなにバッチリ扱っていたのは、私はとても良かったと思っています。なかなか扱われないですからね。

 筑紫さんと田原さんの対談は、マンデープラスの部分がとても印象的でしたね。時間が全然足らなそうでした。

 で、総選挙のことを私なりにまた振り返ってみて、選挙戦当時、少なくとも私たちブログを書いていた人間は、マスメディアの報道のあり方をずっと批難し続けていたことは間違いなかった、と思い返しました。刺客だホリエモンだと、あまりにひどくて見るに耐えられない、といろんな人が主張し続けました。

 そう思っていた人は、特別少数派だった訳ではないのだと私は思うんです。

 得票率47・8%、議席獲得率73%。自民党の小選挙区の部分のデータだそうです。
 小選挙区の議席は300。
 300×0.73=219

 得票率のまま単純に計算してみると(そんなことはあり得ないけれども)、
 300×0.478=143.4

 こんなにも議席の数は違ってくるんです。

 昨年の小泉与党の大勝利は、何と言ってもこの小選挙区制によるマジックである部分が大きい。
 小選挙区で自民党に入れなかった人たちは全体の52.2%もいたという事実。
 小泉支持は殆ど人数的には半々、若しくは半分以下だったのだと思うんです。

 この小選挙区制、選挙制度として正しいものなのでしょうか。
 小沢さんが政権交代を目指して取り入れたそうですが、政権交代を目指すことは結構だとしても、私は今までも度々主張し続けていますが、どうにもこうにも、この、民意が偏った形でしか表されない選挙制度を、批判せざるを得ないです。
 仮に政権交代が起こったとして、民主党が“得票率47・8%、議席獲得率73%”のような結果を得たとしても、それを良いことだとは私には全然思えないんです。


 …ということで。昨年の選挙の総括として忘れてはいけない重要なことと思って、書きました。(比例代表制の方の考察の部分は抜け落ちていますが。)

 あと23の番組では、田原さんの「この国ではイラク戦争の時も大きなデモも起きなかった。」という言葉が印象に残りました。


【関連記事】
<「小選挙区の弊害露呈」/選挙学会 05年総選挙で議論>2006年5月22日(月)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-05-22/2006052202_02_0.html


(追記)
 少し見ていた「TVタックル」で、どなたかが「共産党がある限り、政権交代は(二大政党制は?だったかな)有り得ない。」と言っているのを聞いて、なるほどそうだ、とも思いました。



ブログランキングに参加しています。ご協力お願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
筑紫哲也や田原総一郎に小泉政治が料理できるのか、
「“得票率47・8%、議席獲得率73%” 昨年の総選挙騒動と小選挙区制」について  「自民党をぶっこわす」といったときの“自民党”とは、つまり田中角栄の残滓だったと思う。それはふたつあって、ひとつは金権腐敗体質だ。田中角栄がつくった自民党の金権腐敗体質は、金丸、竹下、小沢のいわゆるコンチクショウ政権をつくった。民主党の小沢一郎につきまとう一種の胡散臭さはこの経験に由来する。政官財を汚れた金で支配する政治手法は、竹下登、小渕恵三、橋本竜太郎、野中弘務、中村喜四郎、額賀福志郎、亀井静香、鈴木... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2006/05/24 05:54
共謀罪!40日間鯉状態!
&lt;div align=&quot;center&quot;&gt;&lt;a href=&quot;http://henrryd6.blog24.fc2.com/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;&lt;img src=&quot;http://www.geocities.jp/henrry_d6/kyoubouzai.gif&quot; alt=&quot;つぶせ!共謀罪アニメGIF&quot; border=&qu ...続きを見る
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
2006/05/24 15:29
「平和共同候補」運動への赤旗の批判について
2006年5月20日の「しんぶん赤旗」に,「参院選での『平和共同候補』を求める運動について」という文章が掲載された.これについて一刻も早く書かなければと思いながら,記事から20日以上も経ってしまった.実は掲載当日は気づかず,「ある国際人権派の雑食系ブログ」さんの「改憲阻止のための選挙共闘に消極的な日本共産党」というエントリーを見て,あわてて新聞を探し出した(もちろん上のようにウェブ上にもあるが). ...続きを見る
ペガサス・ブログ版
2006/06/15 06:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
“得票率47・8%、議席獲得率73%” 昨年の総選挙騒動と小選挙区制 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる