野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザの話題は何故怪しいのだろう?

<<   作成日時 : 2009/09/08 00:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 新型インフルエンザの話題がまたニュースで頻繁に流れます。死者が出ているので、過剰になることも分からないでもない。
 …だけども、どうにもこうにも、私はインフルエンザ関連のタミフルの話題、ワクチンの話題、こういったものに対しての疑問というか不信感がものすごく強くて、報道が気持ち悪くて仕方ない。

 タミフルという薬は名前こそテレビでよく聞く(し映像までよく見る)けれど、でもその薬の正しい知識を持っている人はきっとそう多くはないはずと思う。風邪薬とは違って、適当に飲めば効くというものじゃない。インフルエンザ発症後48時間以内に服用しなければ意味がない薬。それもインフルエンザ全てに効くという訳でもない。(注意:私の知識は素人の聞きかじりで正確である保証はありません。)
 そのようなタイミングが難しい薬であるのに、更には副作用の危険性だっていろいろ言われているのに、そういった情報はちゃんと流さずにひたすらにタミフルタミフルとテレビニュースは言う。

 恐らくはタミフルの正しい知識を持っていようと持っていなかろうと、それできちんと正しく治療できようと治療できなかろうと、副作用でどんな思いをしようと、全て自己責任な社会なんだろう、この社会は。

 …こんな風に考えてしまうのは、私がひねくれているからなんでしょうか?
 
 これから冬に近づくけど、この傾向(インフルエンザ報道の)はまた酷くなっていくのだろうか。憂鬱な話だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフルエンザの話題は何故怪しいのだろう? 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる