野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザワクチンは安全なのか?! 

<<   作成日時 : 2009/09/08 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 1

 ニュース(報道ステーション)を見ていたら、ああ今日もインフルエンザの話題が来たな、ああワクチンの話題だなと思って聞いていたら、国内生産で間に合わないから輸入する方向だと以前報道されていたそのワクチンが、集団接種という形を取れば輸入せずに済むことが分かった…とかいう内容(正しくは他のソースを当たって下さい。)だった。
 集団接種!
 …何だか私は居ても立ってもいられないという気持ちでパソコンを立ち上げました。

 インフルエンザワクチンの副作用について、聞いたことがあったからです。今のインフルエンザ問題について語られている時に、ワクチン接種によって、ギラン・バレー症候群にかかるという副作用もあるのだという風に。確率的なことはその時には聞かなかったような気がしますが。

 そこで今大急ぎで「インフルエンザワクチン ギラン・バレー症候群」で検索してみれば、その関連性について書かれたページが出てきた。

 …とにもかくにも、インフルエンザワクチン、集団接種しちゃって大丈夫なのか?!と世間にマスコミに投げ掛けたい気持ちでいっぱいで書いてアップしました。


参考記事(検索結果のページのソースを辿っていって辿り着いた記事です。)
1976年の豚インフル:集団予防接種で副作用による死者多発 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200904/2009043022.html

引用
<米国の保健当局は新たな流行を恐れ、国中の老若男女を対象にした予防接種プログラムの承認を、当時のフォード大統領に求めた。フォード大統領は1億3500万ドル(現在の価値では5億ドルに相当)という巨額を投じ、実行に移すことを決めた。

1976年10月、集団予防接種が開始された。ところが数週間もたたないうちに、注射の直後にギラン・バレー症候群を発症した人の報告が入り始めた。ギラン・バレー症候群とは、麻痺を伴う神経疾患だ。2カ月足らずで500人が発症し、30人以上が死亡した。>


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
季節性インフルエンザで、国内だけでも毎年10000人前後(多い年は15000人)の死者が出ているのに、どうして新型に切り替えたのかも恐ろしいところです。
見直してほしいところですが、時期的に手遅れですね。
たこはち
2009/09/18 21:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフルエンザワクチンは安全なのか?!  野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる