野良狸の巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 普天間移設問題、誰が何を目論んでいるのか?

<<   作成日時 : 2010/01/13 12:34   >>

トラックバック 1 / コメント 2

 超絶気まぐれ更新のこのブログなのに、何でか連続して更新が続いています。続いたり、またプツッと更新しなくなったりするかもしれないですけど、本当に筋金入りの気まぐれな性格なのでお許し下さい。

 私は何と一生懸命戦っているのだろうか?という感じで、何だか気持ち的に戦っているんです。落ち着かなくて。

 真相は何なのだ。真相はどこにあるんだ。どこの誰がどういう目的で何をやっているんだ。何をしたいんだ。
 マスコミは何かを騒いではいるけれど、こちらが知りたいことや本質を、的確に教えてはくれない。世論を誘導させようとばかりしてくる。
 
 そんなやきもきした思いでいたところで、今見つけて読んでいたブログで、やっと気持ちが落ち着きました。

池田香代子ブログ : 「恐ろしいですね」と仲井間知事 「普天間は重要でない」とナイ教授
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51320731.html
中途半端かもしれませんけど以下抜粋
《ナイさんが携わった交渉のカウンターパートナーが、当時外務省北米局にいた岡本サンでした。岡本サンは今回、沖縄の米軍基地交渉に長年関わった、誰よりもこの問題にくわしい専門家として、平野サンにレクチャーしたそうです。ナイさんが一基地にこだわるなと言っているのに、岡本サンはその県内移設にこだわっているらしい。この、当時の交渉の実務担当者同士の微妙な食い違いは、注目に値します。つまり、普天間基地を県内でたらい回しし、米軍基地はなんとしても沖縄に集中させておきたいのは、むしろアメリカではなく日本の一部の人びとに他ならない、ということだからです。》
 
 ナイさんとはジョーゼフ・ナイ氏、岡本サンとは外交評論家・岡本行夫氏のことです。とても読みやすい文章ですから、リンク先の全文を是非読んでみて欲しいです。私は長文を読むのに根気と時間を要する性格ですが(前にも書いたことありますが)、するする読めて分かりやすい文章でした。抜粋箇所以外にも注目点があります。

 ここに書かれているようなことを、大手マスメディアは教えてはくれない。リーク情報を流してどこかの誰かの世論誘導にはせっせと協力するけれど。

 民主党を応援しているけれど、で、この岡本行夫氏は民主党ブレーンとして適任であるのだろうか?ブレーンにしておいていいのだろうか?

 今現在、こんなことを考えています。

 ああ、気持ちが落ち着かない。もうちょっと落ち着きたい心境ですが、検察の動きも気がかりであるし、何だかほんとに頭に来ていて、小沢さんを一人に、孤独にしてはいけないと思っていて、もし何かあれば霞ヶ関や永田町界隈に乗り込んでいきそうな勢いになっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
考えるべきは沖縄米軍基地問題の本質!
★考えるべきは沖縄米軍基地問題の本質!画像はクリックで拡大します。民主党と連立与 ...続きを見る
ようこそイサオプロダクトワールドへisa...
2010/01/13 22:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
岡本行夫氏は話が短くて顔も分かりやすいので、昔番組で使ったが、憲法無視の戦争遂行論者だと見た。清和会は日米安保こそが、既得権の源泉だと思っている。岸とCIAは、ジョセフ・ナイとは正反対の思想だ。
岩下俊三
URL
2010/01/16 01:30
平野発言は裏に既に成立した方針というのがあり、国民の免疫づけにしか思えない。それにしても岡本氏は最近顔つきが悪くなった。
細田
2010/01/31 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
普天間移設問題、誰が何を目論んでいるのか? 野良狸の巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる